海外に携われる経営企画求人

職業:経営企画

48views

imasia_5043898_M_R

 

中小企業から大企業までマーケットは世界に

 少子高齢化の影響はもう身近に迫ってきています。例えば、空き家は増加し新築住宅の需要は年々減ってきています。地方では高齢者さえも少なくなり、高齢化ゆえに増加してきた介護ビジネスも立ち行かないところもでてきています。

 

 働き口が少なくなり若年層は年に集中して、地方の行政サービスはますます貧弱化していき、また人が離れていきます。労働者の減少に危機感を抱いた企業は女性活用を呼びかけていますが保育園のキャパは間に合わず、更に少子化が進んでいく可能性があります。景気は回復傾向にあるとはいいますが、国内のマーケットはひたすら縮小していっているような状況です。

 

 そこで、国内のマーケットだけでなく、海外のマーケットに目を向ける企業が非常に多くなっています。開発や製造の拠点を海外に移す、販売の拠点をつくる、海外企業との取引を開始するなど、企業規模を問わず海外への売り込みに余念がありません。

 

 しかしながら海外への展開は、文化の違い、マーケットの要求の違い、法制度の違いなど、解決しなくてはいけない多くの課題を抱えています。海外への展開を考えている企業はこうした問題を解決するために経営企画の人材を求めています。

 

  • 国内とは全く違う問題が山積み。

 

語学力が求められている

 海外進出をしたい企業の経営企画では、語学力を求められることは言うまでもありません。

 

 現地でのマーケティング、ビジネスパートナー探し、取引条の設定、まずはコミュニケーションが取れないことには始まりません。目に見えるところであればTOEICなどの点数をある程度取っておくことはもちろん、日常においてスピーキングやライティングの力を蓄えておくべきです。

 

  • 使える英会話を身につける。

 

マーケット調査から人事労務まで

 進出すべき海外の国や都市の選定、現地の状況、マーケットの可能性、ビジネスパートナーの確保、現地での人の確保、日本から派遣する人材の選定や教育、現地の税制や法制度の調査、文化の違いや商習慣の違い、国内よりも多くの課題がひしめき、その手前に語学の壁があります。ただ、挑戦という意味ではこれほど刺激的な分野はないかもしれません。

 

 新会社を設立する+αの苦労もありますが、ワールドワイドで活躍できるようになれば、国内での展開にも、新しい視点で@取り組むことができます。

 

  • 新会社設立+αの楽しみがある。

 

本記事は2016/01/19の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する