経営企画で求められるスキル・能力・知識

職業:経営企画

282views

imasia_9114756_M_R

 

論理的かつ直観的に相反する能力

 論理的かつ直観的、相反する感覚のようでありますが、これが必要となる場合が多いのもこの部署の特徴です。

 

 数値の分析にしても、何を視点にしてどんな数値を見ると状況が正確に把握できるのかということは、論理的だけでなく、経験や知識がもたらす直観的な感覚があってこそわかりやすい分析結果になります。

 

 直観的というのは、固定概念に捉われず、角度を変えて物事を把握できる力とも言えます。

 

  • 角度を変えてみる柔軟性が必要。

 

直観を磨くには知識と経験が必要

 直観を磨くには地域と経験が必要となります。経験を積むには時間が必要ですが、知識をつけることで、それを補うことはできます。

 

 経営指標となる決算書を読み解く力、経営戦略についての多くの理論、マーケティングの知識、人を動かすための心理学や脳科学、実践に必要なスキルからできればそのもとになっている学術的なことまで、大まかにでも把握しておくと、世の中に溢れる情報からどういったものを拾い上げ、吸収していったらいいかがわかります。

 

 また、実際の業務の中でどのようにそれらの理論や知識が実践されているのかいないのかを確認しておくことです。

 

  • 経験を知識で補う。

 

奇抜とも思える発想を、実現できる形に変える力

 もう一つ、分析や論理性と少し違う部分の発想力が必要になってくることがあります。それは、新規の事業や新商品を開発するときに役立つ能力です。

 

 新商品、新規事業は「今までとは違う」が基本です。もしかしたら「誰もが嫌がってやらないこと」だったり、「実現できそうもないこと」であったりもします。しかしながら、最初からそう考えるのでは何も変わりません。一見、奇抜とも思えるアイデアを「実現に向けて着地させる」発想力と企画力を見つけておくことも大きな力になります。

 

 そのためには、そうした事例を知識として身に着けておくことも大切です。ちょっと周りを見渡せば、大企業から中小企業までそういった事例はたくさんあります。周囲に目を凝らし、そうした情報を見逃さないで吸収することもしておきたいところです。

 

  • 誰もがやらない=チャンスかもしれない。

 

本記事は2016/01/18の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する