経営企画の転職と資格

職業:経営企画

71views

imasia_11704390_M_R

 

専門分野があれば有利に働くことも

 経営企画に特別な資格は必要ありません。但し、会社の経理面や営業状態の把握をし、次の手を考えていくという場面は常にありますので、数字に強くなっておくことは必須です。

 

 貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの決算書類から、わかることわからないこと、強み弱みなども読み取れるようにしておきます。

 

  • 決算書類は読み取れるようにしておく。

 

経理・財務の経験資格、人事・労務の資格は持っていて損はない

 経営企画の仕事は経営コンサルティングに近いものでもあるので、中小企業診断士、MBA(経営学博士)なども持っているに越したことはありません。

 

 簿記などの資格を持っていれば、経理関係の仕事に役立ちますし、公認会計士、税理士を持っていれば、会社の決算時などには大変重宝されるといえます。ただ、どれもその資格を持って経営企画にいるより、資格を活かして独立している人が多いともいえます。

 

 また、社会保険労務士などの資格も人事関係の仕事を主にするのなら、持っていて損はありません。いずれにせよ、その資格を持つ人が持っているような知識の基本は必要です。

 

  • 人・モノ・カネにかかわる資格は持っていると有利。

 

外国語力が活きる場合もある

 すべての企業にあてはまるわけではありませんが、企業規模にかかわらず多くの企業がグローバルに動いているのも事実です。そこで活きてくるのが語学力となります。

 

 海外での展開を考えている企業の経営企画であればTOEICなどで、ある程度の点数を取っておくことも強みになってきます。海外で暮らした経験などもこうした企業への転職には有利になります。

 

 海外での展開には先方の国の文化や風土を踏まえたマーケット調査、商品開発、拠点づくり、人材登用、海外赴任者へのフォロー、給与などなどコミュニケーション手段がなくては始まらないことが多くあります。

 

  • 企業規模の大小を問わず海外にも目が向いている。

 

本記事は2016/01/18の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する