経営企画の転職と面接

職業:経営企画

23views

imasia_15796619_M_R

 

相手を知ることと何を求めているのかの裏まで知る

 経営企画のスタッフがほしいという場合、その理由の大枠は求人情報の中に記載してあります。しかしながら、詳細について求人情報だけではわからないことが多いので、企業側が何を求めているかをきちんと把握してから望みます。

 

 募集をしている企業を取り巻く環境、業界の動向、企業の成り立ち、現在の状況など、様々な角度から企業を事前に見ておくことが大切です。そして現状なぜ、経営企画にスタッフがほしいのかを把握しておきたいところです。

 

  • 分析が命・環境まで含めて調べておくこと。

 

ロジカルに簡潔に話すこと

 経営企画では経営陣が判断できるように、その判断材料を分かりやすく論理的に提示することが求められます。

 

 質問への答えは、一度要点の確認をしてからなるべく簡潔に論理的に話します。ここでのポイントは要点の確認をするということです。そうすることによって、受け答えのずれが非常に少なくなります。

 

 また、論理的な中にも仕事への熱意が感じられるように伝えることも大切です。経営企画は会社の次の道筋のマイルストンを作っていく部署でもあるので、業務遂行のための熱意も必要です。

 

  • 理性と熱意を同時に伝える。

 

独自の発想力を活かす

 新しい視点を求められることも多い部署ですので、独自の視点を持てる部分を少しでも持って臨むことを心がけます。改善点であれば、現状をきちんと把握し、分析したうえでの新しい視点です。

 

 もしくは、新しい分野についての言及であれば、そこに存在するお客様の視点での発想も有効になります。面接官をはっとさせる発想を持って臨むと大きな強みになります。

 

  • 前に進む意欲と発想力をみがく。

 

本記事は2016/01/18の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する