経営企画の仕事内容

職業:経営企画

96views

imasia_10321678_M_R

 

経営企画は経営者をサポートし、会社の方向性を示していく

 経営企画とは文字通り、経営を企画する部署です。会社の経営の基本「人・モノ・金」すべてについて関わっています。

 

 中でも大きな仕事のひとつに「中期~長期経営計画」の立案があります。社内外の現状を分析し、「課題」「マーケット」「業界の将来予測」などを洗い出します。この分析結果をもとに会社が進むべき方向について、経営陣に提案していきます。方向性が決まったら、具体的な数値目標・計画に落とし込み、必要な投資や採用などについて実際に実現できるように、フレームをつくっていきます。

 

 経営会議や取締役会などの日程調整、資料作り、運営なども担当します。また、課題解決のために大幅なコスト削減やビジネスモデルの再編、新しい収益を上げるための新規事業の開発などを提案していくのも経営企画の仕事です。

 

  • 経営の最重要課題が仕事となる。

 

経営企画は社内調整が計画実現の肝

 3年、5年というスパンの戦略に基づいた活動で、すぐに成果が出るとは限りません。そんな状況にあると、営業の最先端にいる社員からは「何をしている部署かよくわからない」といわれることもしばしばあります。

 

 しかし、「中期経営計画」の達成は関係各部署の協力なくしては成り立ちません。そこで重要な仕事が社内調整。現場に赴き、現場の声をよく拾い、計画の中に反映し、業務改善やモチベーションアップも図っていきます。

 

 やりがいは、大きな流れの中ででてきますが、業績に直結する部署ではないので、何が成果となるかを自分でしっかりと見定めて、常に到達点を確認しておくことも重要です。

 

  • 大きな目標を達成する使命感が必要。

 

経営企画は溢れる情報から必要なものを拾い上げる

 経営企画の仕事には基本的にはルーティンはありません。

 

 ただし、情報分析をするための定期的な資料集めなどが付随してくることはあります。大切なことは、あちこちに溢れている情報から必要なものを拾い出し分析し、問題点や可能性を拾い出していくことです。そこから、経営に活かせる情報に変換することが経営企画の重要な仕事です。

 

  • 「風が吹けば桶屋が儲かる」の現実版をつくる。

 

経営企画は将来が不透明になるほど重要度が上がる

 様々な市場が成熟化し、国内での市場の拡大が大きくは見込めなくなってきている現在、企業は非常に危機感を持っています。

 

 企業は本業の収益性を上げ、考えうる様々な分野から収益を上げることを考え、多くの収益モデルを作ろうとしており、未来に渡り常にお客様に選ばれる状態を作り出そうと躍起になっています。

 

 将来に渡って選ばれる企業であるためには、長期的な視点が必要です。そういった、長期的視点を持った経営をバックアップする経営企画は、今後ますます重要度を増していきます。

 

  • 企業が生き残り、発展する道筋をつくるのが仕事。

 

本記事は2016/01/18の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する