経営企画の求人事情

職業:経営企画

31views

imasia_11105479_M_R

 

経営企画は会社経営の中心で活躍する職業

 経営企画は経営者をサポートし、会社の方向性を示していく部署です。そのため、求人の形態としては、人材紹介会社を通じての転職や、ヘッドハンティングなどが多いのが実情です。

 

 ただし経営企画は、管掌範囲の非常に広い部署でもありますので、様々な経験や知識が要求される場合も多くあります。こうした場合には、広く採用活動が行われることが多いため、自分の所属している部署が、経営企画とは全く違っていたとしても、採用の可能性は大いにあります。

 

  • 会社経営に携わるため、採用側も慎重。

 

企業によって担当業務が様々な経営企画

 経営企画の業務は実に様々で、求める人材も会社によって大きく違います。

 

 冷静な経営分析のスキルを求められているのか、部署間の調整役がほしいのか、新規参入したい分野を開拓してほしいのか、財務経理からの改革を図りたいのか、マーケティングを強化したいのか、人材開発や評価制度を根本から見直したいのか、求人の情報にも実に様々な要素が盛り込まれています。

 

 一言で経営企画の求人といっても実は求める人材の幅は広いのです。同じ経営企画という名称であっても業務内容は違ってきます。これは企業の大小でなく、どんな役割を経営企画に期待するかによって違っています。

 

  • どんな分野を主に担当することになるのかという情報は必ず確認したい

 

営業、経理、どんな経験も役立つ経営企画

 前述のとおり、経営企画の業務は実に様々です。このため、経営企画に携わるために必要な資格は特にありません。営業、経理、企画、採用などさまざまな分野での経験が活きてきます。

 

 常にイノベーションを要求される部署ですので、それまでの経験や知識の中に、「経営視点」が要求されることはいうまでもありません。

 

 「経営視点」といっても現場の中で、「なぜそうなっていて」「もっと改善するためにはこうしたほうがよい」などの視点を持てていたか、些細なことでも「業務を改善」できていたかどうかということが、ポイントになってきます。

 

 また、経営には経理や財務の知識が必ずと言ってよいほど求められますので、それらの知識や経験は大きな力になります。

 

  • 経験の中に「経営視点」を持てているかがカギになる。

 

本記事は2016/01/18の情報で、内容は経営企画としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する