トレーダーの魅力とやりがい

職業:トレーダー

74views

imasia_17091379_M

 

トレーダーの魅力

  トレーダーは顧客金融機関の取引発注を受けて、実際にマーケットに注文を出して取引をしてその手数料を稼いだり、あるいは自社の資金の一定額を割り当てられて利益を上げたりして稼ぎます。

 

 1日の取引量は非常に大きく、それをスピード感を持って処理しており、職場は非常に活気あふれています。発注者から大きな信頼を得てより多くの注文を得るために、トレーダーはマーケットやプロダクトに関する情報量を増やすべく日々努力をしています。また、的確なタイミングを見計らって、少しでも多くの利益を得るのがトレーダーの腕の見せ所です。

 

 毎日多忙な中でマーケットリサーチをしたり、顧客との関係を構築したりとストレスの多い職業ですが、それに見合った高い報酬が得られるのもトレーダーの魅力です。金融機関は他業種に比べ年収が高めですが、その中でもトレーダーは成績によって高額の報酬が見込めます。

 

  • トレーダーは多忙でストレスも大きいが、それに見合った報酬も期待できる。

 

トレーダーのやりがい

 トレーダーは株や為替などの値動きを実際に目で追いながら、自分自身の判断で売り買いのタイミングを見極めます。

 

 限られた時間で勝負をするトレーディングフロアでは、常にマーケットの臨場感が味わえますし、マーケットの動きが激しい時はより活気も溢れます。

 

 トレーダーはミスが許されないため、そこには常に緊張感が漂っています。結果が瞬時に数字でるため、成功した場合の充実感は非常に大きなものがあります。扱う金額が大きい分プレッシャーはありますが、それ以上のやりがいを感じることができる職種です。

 

  • トレーディングフロアではマーケットの臨場感が味わえ、常に緊張感がある。その中で働くトレーダーの充実感は大きい。

 

トレーダーの将来性

 トレーダーとしてキャリアを積み、最後までトレーダーで経歴を終える人もいないわけではありませんが、どちらかというとテンポが速く短時間のストレスが高いトレーダー部門の平均年齢は若めです。

 

 トレーダーである程度の経験を積んで中堅以上になると、ミドルオフィスなどに移ったり、既存顧客との関係を生かしてセールスに移ったりする場合も多いです。

 

 また、リサーチ部門に移ってアナリストになったり、転職してファンドマネージャーになる人もいます。そして、自分で独立をしてヘッジファンドを立ち上げるという話も珍しくはありません。トレーダーになるのは容易ではありませんが、トレーダーとしていったんキャリアを積めば将来性のある職業といえます。

 

  • 将来はトレーダー以外にもリサーチに移ったりファンドマネージャーになったりと他のキャリアを選ぶことも可能。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する