アロマセラピストの転職と年齢

職業:アロマセラピスト

217views

imasia_8323471_M

 

年齢よりも経営方針に沿っているかが重要

 アロマセラピストの転職は、20代~30代の応募者が圧倒的に多いです。長時間のトリートメントや立ちっぱなしの状況が多い体力勝負な仕事であり、 20代を中心とした若い年代を求める企業もあります。しかしアロマセラピストには年齢以外にも大事なことが幾つかあります。

 

 実際のところ、アロマセラピストの求人では、年齢制限を設けていない案件もたくさんあります。例えば、ホテルや落ち着いた雰囲気のサロンでは、アロマテラ ピーの知識や技術力はもとより、社会人としてのマナーや上品さを持ち合わせていることが求められます。このように、年齢よりも会社の方針や店舗の雰囲気に 合う人材の方が採用されやすいのです。

 

 求人情報を見ていて募集年齢が気になるなら、サロンなどに就職するよりも独立開業を目指した方が良い場合もあります。というのも、アロマセラピストとして就職すると、まずは掃除、洗濯などの雑用や先輩のフォローに回ることからスタートするからです。自分より年下のスタッフが指導者になったり同僚である場合が多いため、年齢やプライドを気にせず、謙虚な気持ちで教えを受けたりコミュニケーションを図る努力ができないと、長く勤務することは難しいです。

 

  • 20~30代の若い転職者が多いが、年齢よりも経営方針やサロンの雰囲気に合う人が求められている。

 

経験を積めば、役割も変わる

 サロンなどで一定の期間勤務し、アロマトリートメントの技術だけでなく接客やルーティンワークの能力が上がってきたら、後輩への指導を行うトレーナーや店舗をまとめるリーダーや店長といった役割で、お店の運営に携わることが増えていきます。

 

 この場面でも、年齢の高い低いより、どれだけ店舗全体のことを考えて行動できるか、という経験とスキルによって、評価が決まります。

 

  • 一定の経験を積み、リーダーや店長のポジションにつく時は、年齢は関係ない。

 

年齢はマイナスやハンディではない

 年代や性別を問わず、様々なお客様がアロマトリートメントを受けに来られますので、お悩みや不調も人それぞれです。アロマセラピスト自身も、仕事上の経験だけでなく、結婚、妊娠、子育て、介護とライフステージが変わるにつれて人としての経験値が豊かになるので、お客様の気持ちに寄り添いやすくなります。

 

 サロンへの就職でも独立開業でも、どんなお客様とも円滑なコミュニケーションが取れることは大きなアピールポイントになります。年齢を重ねても、その人生経験こそが接客に活かせるのです。

 

  • 年齢を重ねることによって得た人生経験は、接客の大きな武器になる。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はアロマセラピストとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する