経営コンサルタントの需要

職業:経営コンサルタント

132views

imasia_13353327_M

 

全体的な需要は増加傾向

 経営コンサルティングの業界を把握するのに最適な指標は、各業界のトップ経営コンサルティング会社の業績を見ることです。戦略系、IT系、金融系、マーケティング系、中小企業系、それぞれで一番の経営コンサルティング会社の業績を見ると、近年は伸びているケースが多いです。そのため、経営コンサルタントの全体的な需要は増加傾向にあると考えられます。

 

 また、業績を上げている経営コンサルティング会社ほど、経営コンサルタント不足に陥っていると推測されますので、各分野でトップの業績好調な経営コンサルティング会社への転職には良いタイミングであることがうかがえます。

 

  • 売上トップの経営コンサルティング会社の業績が伸びていることから、経営コンサルタントの需要も高いと推測。

 

経営コンサルタントのニーズが細分化

  • ニーズごとにコンサルティングを依頼

 今までは経営コンサルタントを雇う会社は1社に1人というのが当たり前でしたが、最近では1社が3人、5人と複数の経営コンサルタントを雇うケースが増えてきています。その原因は、経営コンサルタントのニーズが細分化してきたことにあります。

 

 例えば、会社が海外進出を考えていれば、海外進出支援に強い経営コンサルタントに依頼します。同時に国内ビジネスのセールス強化を考えていれば、セールス強化の指導が得意な経営コンサルタントに依頼するといった具合です。

 

 ビジネスがより複雑になってきた現在では、経営コンサルタントも「何でも屋」から「○○が得意な経営コンサルタント」という専門分野ののれんを掲げる必要が出てきました。これに応じて、依頼するクライアント側も、事前にインターネットなどで情報を検索し、どの経営コンサルタントが何に強いのかということを調べてから依頼するようになってきています。

 

  • 専門分野を持つ人材が求められる

 前述の通り、顧客のニーズの細分化によって、経営コンサルティング会社は特定の専門性を高める動きが進んでいます。ここで求められるのは、その専門性強化に繋がる人材の獲得です。

 

 例えば「中小企業のM&Aに強い経営コンサルティング会社」というのれんを掲げる経営コンサルティング会社が求めるのは、金融機関で事業承継などを中心に行う部署の人材です。M&Aコンサルティングは金融機関とタッグを組む必要があるので、その経験だけでなく、人脈も喉から手が出るほど欲しいものなのです。

 

  • コンサルティングのニーズの細分化に伴い、各分野の専門性に長けた経営コンサルタントが必要になっている。

 

本記事は2016/01/13の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する