第二新卒の経営コンサルタントのニーズ

職業:経営コンサルタント

35views

imasia_4865740_M_R

 

同業の経営コンサルティング会社は第二新卒のニーズが高い

 経営コンサルティング会社は、経営コンサルタントを既に経験した第二新卒の人材を欲しがります。特に新卒3年目までローテンション制度や現場研修などの教育システムを整備しているコンサルティング会社からのニーズは高いです。他の経営コンサルティング会社で1、2年の現場研修を終えて帰ってきたと判定されるためです。

 

 特にアソシエイト職や調査分析担当の求人を出している経営コンサルティング会社への転職は、第二新卒にもチャンスがあります。

 

  • 同業他社への転職ならば第二新卒でも十分にチャンスがある。

 

ベンチャー系企業は第二新卒を重宝

 業種問わず、ベンチャー系の会社は第二新卒求人を重要視しています。特に経営コンサルティングの経験を持つ第二新卒者は重宝されます。ただし経験がある第二新卒なら誰でも良いというわけではなく、前職のわずかな在籍期間で目立った実績を出していることが重要です。

 

 ベンチャー系の会社は創業から日が浅く、成長スピードが速いため、長時間労働やハードワークに耐えられる人物が必要です。また、考えて行動できる人材を求めており、経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ第二新卒がその人物像にマッチするのです。

 

  • ベンチャー企業は、経営コンサルタントの経験がある第二新卒者を重宝する傾向。

 

ドロップアウト組と判断されないようにする

 経営コンサルタントの離職率は非常に高く、転職マーケットには第二新卒者がたくさんいます。転職や退職の理由は様々ですが、経営コンサルティング会社特有のハードワークに耐えられず、早期にドロップアウトしている人物が多いと世の中からは見られています。従って、自分はドロップアウト組ではないという自己PRが重要です。転職理由や前職での経験を、より肯定的かつ具体的に示すことが大切です。

 

本記事は2016/01/13の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する