高年収の経営コンサルタントの求人

職業:経営コンサルタント

78views

employees and salaries binders

 

研究開発系の経営コンサルタントの求人

 各種メーカーの研究開発チームが出している求人は高年収が期待できます。メーカーの研究開発チームには多種多様なメンバーが揃っており、様々なキャリアを持つ集団で構成されていることが多いです。つまり、経営コンサルタントでも、時代背景からその分野の市場成長性を予測することができる人材は重宝されるに違いありません。

 

 経営コンサルタント時代に戦略系のプロジェクトを幾つかマネジメントした経験がある人物であれば、このような各種メーカーの研究開発チームからのニーズは高くなります。

 

  • メーカーの研究開発チームの求人は年収が高め。戦略系プロジェクトの経験者は重宝される。

 

戦略室・経営企画室系の経営コンサルタントの求人

 メーカーだけでなく、商社や小売の業界でも経営コンサルタントの求人はあります。特に日本全国を商圏対象としている会社の場合だと、戦略室や経営企画室という部署がトップ階層の近くに置かれています。

 

 このような部署は、その会社の新規事業開発や課題解決をミッションとしています。つまり、経営コンサルタントとして、幾つものプロジェクトや支援の中で、新規事業の立ち上げから運用、収益化までのプロセスを経験していると有利です。戦略室、経営企画室系では、経験豊かな経営コンサルタントを求めているため、他と比較すると高年収を提示されるケースが多くあります。

 

  • 商社や小売業などの戦略室や経営企画室は、比較的高年収を提示して、経験豊富な経営コンサルタントを求めている。

 

M&A系の経営コンサルタントの求人

 経営コンサルタントの経験を持つ人材を求める業界は多数ありますが、ここ最近ではM&Aを手掛ける会社からの求人が増えています。M&Aはコンサル会社だけでなく、金融会社、ファンド会社、国営などを中心としてどんどん新設されています。少子高齢化が進む日本では経営者の後継者不足が深刻化しており、事業承継の相談が相次いでいるという時代背景があるためです。

 

 M&Aは1件あたりのフィーが高額であるため、高年収を提示している会社が多くみられます。また、M&Aの多くが今後中小企業間で行われると予想されるため、中小企業の経営コンサルティングを手がけた経験が豊かな経営コンサルタントはより重宝されるはずです。

 

  • 近年ニーズが高まるM&A関連は、1件あたりのフィーが高額のため年収も高め。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する