プロジェクト型の経営コンサルタントの特徴

職業:経営コンサルタント

85views

imasia_5540159_M_R

 

プロジェクトリーダーの経験が問われる

 プロジェクト型の経営コンサルタントに求められる人物像は、チームを率いる能力の高さです。プロジェクト型のコンサルティングは、個人の力ではなく、チームの力を上手く活かすことが成功のポイントとなります。特に個の力がそれぞれ尖っている経営コンサルタントたちのスキルとコミュニケーション能力を見極めながらチームを率いることは、そう簡単ではありません。

 

 転職の際は、以前の職場でどんなプロジェクトを何人で行い、どんな成果を生み出してきたのかというプロジェクトリーダーとしての経験値が問われます。

 

  • プロジェクト型コンサルティングの場合は、各経営コンサルタントたちを率いるリーダーとしての資質が重要。

 

外国語スキルも重要

 最近では、海外でのプロジェクトや、海外企業とのジョイントで行われるプロジェクトの数が増えています。そうした意味でも、外国人と一緒にスムーズにプロジェクトを回せる語学力を求める経営コンサルティング会社があります。

 

 特に戦略系経営コンサルティング会社への転職を希望している場合は、少なくともビジネス英語のコミュニケーションは必須です。英語以外に汎用的に使われる言語の代表格は中国語です。英語と中国語の2か国語でプロジェクトミーティングが行われるシーンが最近では増えています。

 

  • 海外に関わるプロジェクトの増加に伴い、英語、更には中国語のスキルが重視される。

 

即戦力となるアナリスト

 プロジェクト型の経営コンサルティング会社は、社員の新陳代謝が非常に激しいです。ついこの間までアナリストとして現場で調査素材の収集に走り回っていた社員が、突然プロジェクトマネージャーとして数十人を率いる立場になったり、プロジェクトマネージャーとして難易度の高いプロジェクト案件を幾つも捌いていた敏腕コンサルタントが突然退職するといったケースはよくあります。

 

 そのため、アナリストの数が減少傾向にあるのもプロジェクト型経営コンサルティング会社の課題です。ここで出てくる人材ニーズは、即戦力となるアナリストです。つまり他社でアナリストとして活躍しており、既にプロジェクト型の経営コンサルティングのスタイルに慣れていること、更には分析の視点が高いこと、これらの要素が揃っていれば、求められる人材像に近づきます。

 

 ただし40歳を超えていればアナリストではなくコンサルタント、プロジェクトマネージャーとしての役割を求められるため、これが当てはまるのは20代~30代までです。

 

  • プロジェクト型のコンサルティングに慣れている即戦力のアナリストが求められている。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する