経営コンサルタントの転職のパターンとその後

職業:経営コンサルタント

169views

imasia_16552261_M_R

 

同業他社へ転職する場合

 経営コンサルタントが別の経営コンサルティング会社へ転職した場合は、比較的上手くやっていけるケースが多いです。特にコンサルティングを提供する業種や業界が同一の場合には、ゼロから覚える知識やスキルが不要のため、すぐに結果を出すことができます。

 

 また、プロジェクトやチームコンサルティングにも慣れているため、経営コンサルタントと一緒に仕事をするイメージも持ちやすいです。

 

  • 同業他社に転職した経営コンサルタントは、その後もうまくやっていける確率が高い。

 

クライアント企業へ転職する場合

 経営コンサルタントをしていると、クライアント先から引き抜きの誘いを受けることが多々あります。それも役員待遇などの好条件でのオファーです。これに目がくらみ、あまり深く考えずに転職する経営コンサルタントも多くいますが、クライアント先への転職は成功する確率が低いです。

 

 その最大の理由は、クライアント企業が経営コンサルタントとして見ていた人物を自社の社員として迎えると、見え方が違ってくるというものです。思っていた以上に結果が出なかったり、期待していた動きではなかったりなど、迎え入れたクライアント企業の経営者は残念な気持ちを抱くことが多いのです。

 

 また、経営コンサルタントは1人ではなくチームとして成立している場合が多いため、一緒に仕事をしていた仲間が変わると、なかなか思うような結果を出せずに苦しむケースが多いです。クライアント企業からとても魅力的なオファーをもらったとしても、一度冷静になって考えてみるのがよさそうです。

 

  • オファーを受けてクライアント企業に転職した場合、思ったほどの成果を上げられずうまくいかないケースも多い。

 

独立する場合

 経営コンサルタントが独立する場合の選択肢は、「同じく経営コンサルタントとして独立」あるいは「別の業種・業態での独立」の2つです。

 

 経営コンサルタントが独立して経営コンサルティング会社を作れば成功しやすいイメージがありますが、必ずしもそうではありません。経営コンサルタントは1人になると、想像していた以上にその難しさを痛感するものです。逆に、自分自身が経営コンサルタント時代に手掛けていた業種や業態をそのまま自分で経営管理してしまうほうが成功率は高い傾向にあります。

 

  • 独立して1人でコンサルティングを行うのは非常に難しい。コンサルティングをしていた業種を手掛ける方がうまくいくケースが多い。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する