経営コンサルタント出身者に求められるスキル・能力

職業:経営コンサルタント

83views

imasia_13215792_M

 

課題解決スキルはどこへ行っても求められる

 どんな会社にも、経営上の課題は常に生まれます。一つ解決しても、経営規模が拡大したり縮小したりする度に課題は生まれます。こうした場合に経営コンサルタントのキャリアを持つ人間には期待が寄せられます。

 

 当然、経営コンサルタントといっても全ての課題解決事例があるわけでもありませんので、課題解決に向けたロジカルなストーリーを組み立てる能力の披露を求められます。特定のジャンルや業種にこだわることなく、様々な課題解決シミュレーションをしておくと、どのような転職でもうまくいく可能性が高まります。

 

  • 経営上の課題解決に向けた論理的な仮説が立てられる能力は、どの分野でも重宝される。

 

財務会計系コンサルタント

 経営コンサルタントの中でも、財務会計系のコンサルタントは転職先が多数あります。もちろん彼らに求められるものは財務会計スキルです。特に、戦略的なマネジメントを求められます。

 

 例えば、会社がある新規事業を計画しており、それに必要となる資金額やそれの調達方法の提案、また、事業計画の作成や短月黒字化に向けた数値シミュレーションの設計などです。これまでの経験を活かして、経営資源の効率的マネジメントができる財務会計系出身の経営コンサルタントは期待されます。

 

  • 経営の戦略的マネジメントができる財務会計系コンサルタントは期待値が高い。

 

IT系コンサルタント

 日本企業は未だITリテラシーが低い企業が多く、事業のイノベーションを起こそうと検討している先見性のある会社はIT事業部の人員強化を急いでいます。この場合、エンジニアだけでなく、ITを自社の経営にうまく戦略的に活用できる事業部のマネージャーが求められます。

 

 IT系コンサルタントに求められるのは、その分野に精通した情報と過去に経験したトラブルから、自社特有のシミュレートができるスキルです。つまりITを導入した場合に生じるメリットとリスク管理を任せられる人物です。このような人物は会社側も慎重に選択しますから、人間性と忠誠心の高さも重要となります。

 

  • IT導入時のメリットとリスク管理が可能な人材を欲しがる企業も多い。コンサルティングスキルに加えて人間性も重視される。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する