経営コンサルタントの転職と年齢

職業:経営コンサルタント

109views

imasia_15895699_M

 

20代のコンサルタントの場合

 経営コンサルタントとしての市場価値を認められるのは30代が中心ですので、そういった意味でも、20代の経営コンサルタントが転職で希望通りの会社、ポジション、待遇を獲得するというケースはごく稀です。

 

 とはいえ、27~29歳で部長ポジションという役職で活躍する経営コンサルタントも少なくありません。こうしたスピード出世を果たす20代は他社でも活躍する可能性が高く、将来性も十分にあります。会社としても成長株のため手厚い待遇やスポットライトを当て、離職しないように必死で工夫をします。従って、こうした特別若くして高いキャリアを持つコンサルタントが転職市場に姿を現すこと自体が稀です。

 

  • 20代のコンサルタントが転職で希望の地位や給与を手に入れるケースは少ない。優秀な20代は会社が手放さないよう手を凝らしている。

 

30代のコンサルタントの場合

 経営コンサルタントの転職の場合、最も市場価値が高く、転職する側にとって有利となる年齢は30代です。実際に、経営コンサルタントの転職で希望の会社、ポジション、年収を獲得しているケースは30代が最も多いです。

 

 30代が最も高く評価される点は、個人のスキルや経験だけでなく、マネジメント経験です。特に経営コンサルタントという職種は優秀でプライドの高い個が集まっており、普通以上のマネジメントスキルが必要であると想像されています。そのため、こうした経営コンサルタントの集団を取りまとめてプロジェクトをいくつも監修してきた実績は高く評価されます。

 

  • 転職市場で最も重宝されるのは30代。マネジメント経験と実績があれば尚評価される。

 

40代のコンサルタントの場合

 経営コンサルタントとして20年近くのキャリアを重ねた40代の転職は、経営幹部、もしくはパートナーとしてのポジションを求められます。経営コンサルタント時代に担当していたクライアントから役員待遇でのオファーを受けたりすることも一般的です。

 

 また、1つの会社だけでなく、複数の企業から社外取締役というポジションをオファーされるケースもあります。

 

  • キャリア豊富な40代のコンサルタントは、経営幹部やパートナーとしての転職になる。クライアントからの経営ポジションの打診も日常的。

 

本記事は2016/01/12の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する