経営コンサルタントの仕事内容

職業:経営コンサルタント

107views

imasia_15114272_M

 

業績アップ系の経営コンサルティング

 クライアントの依頼に基づき、業績アップにコミットメントした経営コンサルティングを行う仕事です。クライアントの依頼は、売上アップ、利益アップ、市場シェアアップ、客単価アップなど様々なです。まずはクライアントが目指す指標を整理し、それらをいつのタイミングでどの方法で、予算はいくらで達成するのかという、目的と目標を共有することからコンサルティングが始まります。

 

 業績アップ系の経営コンサルティングは、顧問契約料金の他にも、成果報酬でコンサルティングフィーを加算する会社もあります。

 

 主な仕事内容としては、商品力強化に向けたブランディング提案や、新規顧客獲得に向けた集客支援、営業力強化支援などがあります。クライアント先で実際にチラシやセールスレターを書いたり、営業マンに同行してその場で課題解決に向けたアドバイスを行うなど、現場型のコンサルティングスタイルが特徴的です。

 

  • クライアントの業績アップをゴールとして、ブランディング提案や集客支援、営業力強化支援などを行う。

 

組織・マネジメント系の経営コンサルティング

 クライアントが抱える組織やマネジメント関連の経営課題を解決する経営コンサルティングです。具体的には、目標を実現するためのロードマップ、例えば中期経営計画を作成したり、それに伴う評価制度、教育制度などのアドバイスを行います。

 

 こうした組織・マネジメント系の経営コンサルティングは、クライアントそれぞれの企業体質を深く理解する必要があります。そのため時にはクライアント先の社員1人1人と時間をかけて面談をし、そのヒアリング結果から課題解決の糸口となるポイントを探り出すという、非常に体力と時間を必要とする支援を行うケースも発生します。つまりは組織・マネジメント系の経営コンサルティング会社で活躍している人の多くは、ヒアリング力、質問力が高いことが想像できます。

 

 その他にも新卒採用コンサルティングや新入社員研修、営業研修、接客研修などの企業研修を同時に行うケースが多くあります。

 

  • クライアントの組織・人事・マネジメント関連の問題解決を行う。時には社員との個人面談から解決の突破口を探ることも。

 

財務・会計系の経営コンサルティング

 クライアントの会計領域に関する様々な課題解決を行う経営コンサルティングです。この仕事は高い財務・会計に関する専門知識を求められます。そのため、大手財務部署を経験したキャリア採用枠の経営コンサルタントも多数活躍している分野です。

 

 主な仕事内容としては事業承継、M&A、相続コンサルティング、株式上場支援などを行っています。財務会計系の経営コンサルティングはそれらを専門にしたコンサルティングファーム以外にも、銀行や監査法人などでも活躍の場はあります。 

 

  • クライアントの会計・財務関連の問題解決や支援を行うため、高い専門知識が必要。

 

本記事は2016/01/08の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する