経営コンサルタントの求人事情

職業:経営コンサルタント

90views

imasia_11140686_M

 

増え続ける経営コンサルタント職

 経営コンサルタントの種類はここ10年ほどで一気に増えました。これまでは、経営コンサルタントといえば経営者に対するアドバイザーという高度な職種であると認識されてきました。しかし、最近では他の分野を掛け合わせた経営コンサルタントというジャンルが増えています。

 

 例えば、ITツールを活用した経営の効率化を提案する職種も、IT系経営コンサルタントと呼ばれるようになっています。ITだけでなく、会計、M&A、採用、セールス、マーケティングなど、細分化された経営コンサルタントの職種が増えています。

 

  • ITや会計など他の専門分野と経営コンサルタント職を掛け合わせることが増え、コンサルタントのジャンルが増大している。

 

20代後半から30代が中心

 経営コンサル業界は非常に平均年齢が若い会社が多いです。そのためコンサルタントとして重宝されるのは20代後半から30代の転職者です。労働時間が長く、クリエイティブの要素も求められるため、若い人材を求める傾向があります。40代以上になると、役員ポストかパートナーとしての求人が中心となります。

 

 若い年齢層の人気が高い理由の1つとして、経営コンサルタントを長く同じ会社で続けていると、どうしても思考や経験が偏ってしまうという考えもあります。

 

  • 平均年齢が若く、長時間労働やクリエイティブの要素も必要なことから若手の需要が高い。

 

経営コンサルタントは転職に有利

 経営コンサルタントの転職は、種類を問わず、有利に働くケースが多いです。経営コンサルタントは、商品という概念がなく、考える力、アウトプットする力が身に付く最良の職種です。こうしたスキルを求める職種は多岐に渡り、経営コンサルタントは転職先を自由に選択できます。

 

 とはいえ必ずしも簡単にどこへでも転職できるはずもなく、前職時代にそれなりに個人としての成果、つまりどのテーマや分野に対するコンサルティングで合計いくら稼いできたか、この実績が大きければ選択肢は広がります。

 

本記事は2016/01/08の情報で、内容は経営コンサルタントとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する