アパレル販売員の転勤・異動

職業:アパレル販売員

866views

imasia_12797187_M_R

 

地方への転勤は少ない

 アパレル販売員は、基本的に地方への転勤は少ないです。転勤がある場合はその旨が求人票に予め記載されていたり、面接の時に説明があるはずです。地方への転勤はどうしても困るという場合は事前に確認しておきましょう。

 

 しかし、売り上げをあげられるスタッフや店長クラスになると、転勤の指示が出ることもあります。売り上げが低迷している店舗に行き、なぜ売り上げが悪いのかを分析したり、スタッフの接客を見て悪いところを直したりして店舗の立て直しをするためです。ただし、結婚していたり、家を空けられない何らかの事情がある場合は、転勤の指示を断ることもできます。

 

  • アパレル販売員は地方への転勤は少なく、もし転勤を命じられても事情によっては断ることもできる。

 

同じブランド内での店舗異動

 アパレル販売員は、ブランド内に複数店舗がある場合、同じ店舗でずっと働き続けるということはあまりありません。たとえば東京都内に4店舗ある場合、2~3年おきぐらいに店舗異動があるはずです。異動する理由は色々ありますが、主なものを挙げます。

 

① 色々な店舗を経験してスキルアップを図る

 店舗によって客層が変わりますから、色々な店舗で様々なお客様を接客することで、接客技術が上がります。

 

② スタッフをバランスよく配置

 他のスタッフとのバランスをとるために店舗異動することもあります。新人が入ってきたり、店長が変わったりすると、お店のカラーは少しずつ変わっていきます。売り上げがあげられないスタッフばかりが同じ店舗に集まってしまったり、気の強い人ばかりが同じ店舗にいるとお店がうまく回らなくなります。

 

 穏やかな店長がいる店舗には積極的な副店長をつけたり、育てるべき新人がいる店舗には新人教育が得意なスタッフを配属させたりと、バランスをとりながら人員を異動させていくことがあるのです。

 

  • 店舗内のスタッフの得意分野や性格の相性をみながら人員を異動させ、バランスのよい店作りをしていく。

 

同じ会社内で違うブランドへの異動

 同じ会社内にたくさんのブランドがある場合、違うブランドへの異動もあり得ます。本人の希望で異動することもありますし、新しいブランドの立ち上げやブランドの閉鎖、低迷ブランドの立て直しなど、理由はさまざまです。

 

 副店長や店長になると、ブランド間の異動は増える可能性があります。役職のついていない販売員は一つの店舗に複数人いますが、店長は一店舗に1人です。店長クラスのスキルを持った人が一つのブランドにたくさんいても配属先が足りませんし、店長経験者が足りないブランドに異動することは十分考えられます。

 

 また、派遣社員であっても、業績や勤務態度がよければ系列店への異動を依頼されることもあります。ブランド間の異動は売り上げや勤務態度に期待されていることが多いので、嬉しいことでもあります。

 

  • 他のブランドの状況によっては、ブランド間の異動もある。

 

本記事は2016/01/07の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する