男性のアパレル販売員

職業:アパレル販売員

213views

imasia_10159972_M

 

メンズブランドの男性アパレル販売員

 メンズブランドのアパレル販売員は、ほとんどが男性です。百貨店やファッションビルなど幅広い層のお客様が来店するお店では、女性目線のアドバイスができるように女性スタッフがいる場合もありますが、基本的には男性が多いです。

 

 男性のアパレル販売員の仕事内容は、女性の販売員とほぼ同じです。最近はECサイトやコーディネートサイトが増えていますので、男性スタッフも自分の着こなしを写真に撮ってサイト上にアップし、ブランドのPRをすることもあります。

 

 メンズブランドは、ブランド自体のファンであるお客様も多いので、洋服の知識はもちろんブランドに関する知識も持っていなければいけません。トレンドが移り変わりやすいレディースと違って、定番のアイテムのリモデルやリバイバルアイテムなどが人気です。昔からのファンの人に質問されても分かるように、数年前のアイテムや人気アイテムについては勉強しておく必要があります。

 

  • メンズブランドは男性のアパレル販売員が多い。ブランド自体のファンにも対応できるよう知識を深めておく必要がある。

 

スーツや革製品など専門店の販売員

 男性のアパレル販売員は、スーツや革製品、スポーツウェアなどの専門店の求人も多くあります。専門店の場合、積極的にお客様に話しかけるというよりは、お客様の需要に合わせて商品を紹介するほうが多いので、一般的なアパレル販売とは接客の仕方が変わってきます。

 

 メンズブランドの場合は、ブランドイメージに合うかどうかが採用時の大きなポイントになってきますが、専門店の場合はそのジャンルに関する知識や経験が問われることが多いです。「ゴルフが好きだからゴルフウェアのお店で働きたい」「テーラーのお店で働いた経験を活かしてスーツの専門店で働きたい」など、趣味や経験をアピールすると転職時に有利になります。

 

  • スーツやスポーツウェアなどの専門店では男性販売員の募集も多い。知識や経験をアピールすると採用されやすい。

 

セレクトショップは男性販売員の求人も多い

 メンズもレディースも扱うセレクトショップでは、男性のアパレル販売員の求人があります。路面店をはじめ、ファッションビルや駅ビルなどに入っていることが多く、様々なお客様が来店するので女性のお客様を接客することもあります。そのため、メンズファッションだけではなく、レディースファッションについての知識も持っていたほうがいいです。

 

 セレクトショップだけでなく、外資系やファストファッションブランドは、女性がターゲットのお店でも男性のアパレル販売員を採用することがあります。なぜなら、男性目線のコーディネートのアドバイスを求めるお客様がいるからです。

 

 女性のお客様は、男性のお客様より接客の内容を重視します。ブランドやアイテムの魅力ももちろんですが、販売員との会話が盛り上がることで購買意欲がアップします。ですから、メンズブランドで働く販売員より、レディースブランドで働く販売員のほうがコミュニケーション能力を求められます。男性がユニセックスブランドやレディースブランドに転職したいという場合は、コミュニケーション能力の高さをアピールすると好印象です。

 

  • ユニセックスブランドやレディースブランドでは、メンズブランドよりも接客力が問われる。

 

本記事は2016/01/07の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する