アパレル販売員が売上をあげるコツ・ノウハウ

職業:アパレル販売員

150views

imasia_12693771_M_R

 

まずは自分自身がお客様のお手本になる

 お客様にとってはアパレル販売員はそのブランドの顔です。売れ筋ではないアイテムでも、販売員が上手に着こなしていると急に売れ筋になることもあるくらい、販売員のコーディネートはお客様にとってお手本となるものなのです。売り上げをあげるためには、まずは自分自身がお客様のお手本となるようなコーディネートを着こなすことが大切です。

 

 マネキンが着ているよりも、人が実際に着ているほうが、お客様は自分が着ている姿をイメージしやすくなります。身長や体型が似ていればなおさらです。また、実際に着てみた感想や小物との合わせ方を提案できれば、購買につながりやすくなります。

 

  • 売り上げをあげるために、まずは自分自身が手本になるようなコーディネートを着こなす。

 

話しかけるタイミングが重要

 自分が買い物をしているときに、まだお店に入ったばかりなのにしつこく話しかけられて嫌な思いをしたり、逆に丁度いいタイミングで話しかけられてスムーズに買い物ができたという経験があるはずです。そのくらい、お声がけするタイミングというのはとても大切なものです。初めのお声がけで嫌な思いをさせてしまうと、ろくに商品を見ないまま退店されてしまう可能性もあります。

 

 お声がけのいいタイミングは人それぞれではありますが、お客様が商品を手にとり、ブランドタグや値札を確認したときです。値札まで確認するということは、その商品のデザイン自体は気に入っているということですから、あとは値段や素材が気に入れば購入してもいいと考えているはずです。そこでタイミングよくお声がけし、話を弾ませることができれば、複数買いしてもらえる可能性も高くなります。

 

  • 購入につなげるためには、最初のお声がけのタイミングがとても重要。お客様が不快に感じないタイミングをうまくはかる。

 

洋服以外の話も聞き出す

 お客様がどんな仕事をしていて、どんなシーンで着る服を探しているのかということも、接客するうえで知っておかなくてはいけません。たとえば座り仕事が多いというお客様には「このスカートはシワになりにくいですよ」と伝えたり、旅行の予定があるお客様には「ストレッチが効いているので新幹線や飛行機でも窮屈ではありませんよ」など、お客様の情報があればあるほど具体的なアドバイスをすることができます。

 

 ただ「よくお似合いです」と言うだけでは、少し説得力が足りません。お客様に購入を決断してもらうためには、どんなシーンで着ることができるのか、着回しがきくのかといったことが具体的にイメージできるだけの言葉が必要です。

 

 「この洋服はトレンドでとても人気です」というのはどこのショップの店員も使う言葉です。流行りの服を着たいと思う人もいますが、人とかぶるなら着たくないという人もいますので、ただ「流行っている」と伝えてもあまり効果的ではありません。他と差をつけるためには、お客様個人のライフスタイルや好みにぴったりであるというアプローチができることが大切です。

 

  • 他のお店や販売員と差をつけるためには、ライフスタイルや着用シーンなどを聞き出し、お客様一人一人に合わせた接客をする。

 

本記事は2016/01/07の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する