英語力を活かせるアパレル販売員の求人

職業:アパレル販売員

135views

imasia_10030559_M

 

外国人観光客の増加によって語学力が重視

 世界各国からの外国人観光客は年々増加しています。外国人観光客が日本に来るときは、ショッピングを目的にしている人も多く、百貨店やファッションビルには外国人がたくさんいます。そのため、英語はもちろん、中国語や韓国語など様々な国の言葉が話せると、転職の際に有利になることがあります。特に、外国人観光客が多く訪れる都市部のアパレルショップでは、英語が話せることはアピールポイントになります。

 

 外国人は日本の製品を魅力的に思っているので、まとめ買いをしてくれることが多いです。相手に購入の意思があるのに、こちらがうまく対応できばければ、せっかくまとまった売り上げをあげられるチャンスを逃してしまうことになりかねません。最低限のレベルでいいので、接客に必要な英会話は身につけておくべきです。

 

 語学力があれば、転職の際にはそれを武器に給料交渉をしたり、条件を提示することもできるはずです。留学経験や語学を勉強してきた成果をアピールし、より良い環境で働けるようにしましょう。

 

  • 外国人観光客の増加に伴い、アパレルショップでも英語をはじめとする語学力がある人が求められている。

 

外資系ブランドでは特に語学力が求められる

 アパレル販売員として外資系ブランドで働く場合、ある程度の語学力は必要になってきます。外国人のお客様が来ることが多いということはもちろん、本国からのプレスリリースなどは、すべて英語または本国の言葉で書かれているからです。英語ができれば問題ないですが、パリのブランドならフランス語、ミラノのブランドならイタリア語といったように、本国の言葉が理解できると尚良いです。

 

 それから、外資系のラグジュアリーブランドは、国内のカジュアルブランドに比べると質の高い接客が求められます。特に様々な年代のお客様が訪れる百貨店は、外国のお客様には英語で対応できなければ満足していただけません。逆に語学力があれば満足してもらえる接客ができますし、更に売り上げを伸ばすことも可能です。

 

  • 外資系ブランドでは、英語以外にブランドの本国の言葉も理解できると尚良い。

 

バイヤーやプレスへのステップアップも

 今はアパレル販売員でも、将来的にはバイヤーやプレスなどの職種にステップアップしたいと思っている人もいるはずです。販売員にとって、語学力はあればプラスになるものですが、バイヤーやプレスを目指すなら、語学は絶対に身につけておかなくてはならないものです。

 

 販売員の語学力は日常会話程度でも大丈夫ですが、バイヤーやプレスは海外に行って金額交渉をしたり、外国人のバイヤーをアテンドしなければいけないため、ビジネスレベルの英会話が理解できないと難しい場面が出てきます。まずは日常会話から始めて、ゆくゆくは仕事で使えそうなビジネス英会話も徐々に身につけていけば、バイヤーやプレスになれるチャンスも広がります。

 

  • バイヤーやプレスにステップアップしたいなら、ビジネスレベルの英語力が必要。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する