アパレル販売員の休日

職業:アパレル販売員

572views

closeup holiday wording stack on calendar, reminder vacation concept and idea

 

アパレル販売員の休日

 アパレル販売員の休日は、月間8~10日が平均的です。店長クラスになると更に少なくなることもありますが、きちんとした企業であれば8日程度は確保できるはずです。

 

アパレル販売員は土日に休める?

 アパレルショップの多くは、土日が最も来客数が多く、売り上げも高いです。新商品を土日に合わせて入荷したり、土日の売り上げを見込んで在庫を確保したりすることもあるほど、土日は勝負の日なのです。客数が多いということは販売員の数も必要ですから、たとえば平日は4人体制で回しているショップでも、土日は6~7人は販売員を確保するなどしています。ですから、アパレル販売員で土日祝日に休みをとることはなかなか難しいです。

 

 もちろん、シフト制なので土日が全く休めないというわけではありません。ほとんどの店舗では事前に提出した希望休をもとにシフトが作成されます。シフトを作成する副店長や店長によっては、月に何回か土日に休みが取れるように配慮してくれることもあります。しかし、土日に連休をもらったり、毎週末休みをもらうことは難しいと考えておいた方がいいです。ファッションビルや百貨店など、特に土日の客数が多いショップだと月に一回取れればいいほうということもあります。

 

  • アパレルショップは土日が最も来客数が多いので休みを取るのは難しい。シフトによっては月に数回ならば土日休みも可能。

 

学生アルバイトがいる店は土日休みが取りやすいことも

 量販店やアウトレット、若者向けのブランドなどでは、学生アルバイトを採用している店舗もあります。学生アルバイトは土日に出勤することが多いので、その分スタッフの人数が確保できます。もちろんアルバイトだけでは店は回せないので、社員も出勤しますが、学生アルバイトがいない店よりは土日休みが取りやすいはずです。

 

 逆に、主婦のパートを採用している店舗では、平日の昼間はパートに出勤してもらい、社員は午後から夜にかけて、また週末に出勤するようなシフトの組み方をしていることもあります。変わったシフトの組み方をしている場合は入社前に説明がありますが、不安な時は人事に聞いてみるといいです。

 

  • 学生アルバイトを採用している店舗は、土日の人員をアルバイトで賄うので、休みが取りやすいこともある。

 

アパレル販売員の長期休暇

 アパレル販売員は、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、お正月など、世間が長期休暇を取得する期間に同じように長期休暇をとることは難しいです。カレンダー上の長期休暇の時期は、来客数が多くなるかき入れ時ですから、当然スタッフの人数も確保しなければなりません。

 

 また、7月や1月などのセール時期も長期休暇はとりづらいです。セール時期は一番忙しいので、2連休でもとりにくいです。その分、平日に連中や長期休暇をとることになります。週末休みの友人や家族とは都合が合わせにくいですが、旅行シーズンとかぶらない、どこに行っても混雑していないといったメリットはあります。

 

  • アパレル販売員は世間一般の長期休暇の時期やセール期間はなかなか休めないが、その分混雑していない時期に長期休暇がとれる。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する