路面店のアパレル販売員の求人

職業:アパレル販売員

115views

imasia_55195_M

 

ブランドイメージにこだわるアパレルショップ

 アパレルブランドの中には、ファッションビルや百貨店などをメインに出店しているブランドと、路面店の展開に力を入れているブランドがあります。特に、ブランドイメージにこだわっているブランドやDCブランドなどは、路面店しか展開していないことも多いです。

 

 そうしたブランドは、ブランドイメージに合った販売員を求めています。スタッフがそのブランドのファンで、知識が豊富であることは絶対条件です。なぜなら、お客様もそのブランドのファンで知識も豊富だからです。

 

 こだわりのあるブランドやショップは、あえて求人を出さずに、店によく通ってくれるお客様の中から販売員をスカウトすることもあります。どうしてもその路面店で働きたいという場合は、根気よく通い詰めるといいかもしれません。

 

  • ブランドイメージにこだわりがあったり、路面店しか展開していないアパレルショップの場合、コアなお客様を販売員としてスカウトすることも。

 

路面店は派遣社員の求人が少ない

 アパレルショップでは、派遣社員が活躍している店舗も多くあります。特に百貨店では催事も多いため、時期によって臨時の派遣社員や短期での採用もよく行われています。

 

  しかし、路面店の場合は、リピーターのお客様が多く商品やブランドの知識がしっかりないといけないため、派遣社員としての採用はあまりありません。アパレルメーカーの直接雇用がほとんどです。店舗によってはアルバイト採用はありますが、基本的には長期で働ける人を求めているということが多いです。

 

  • 路面店はリピーターのお客様が多く商品知識も必要なので、派遣社員の採用は少なく、長期で働ける人が求められている。

 

路面店とファッションビルや百貨店との違い

 路面店とファッションビルや百貨店では、仕事内容に少し違いがあります。また、客層も違うため、求められる人物像も異なってきます。

 

  • ファッションビル・百貨店

 ファッションビルや百貨店では、その館ごとの決まりがあったり、館全体のご案内ができるように勉強したりと、自社ブランドの接客販売以外にもやらなければいけないことがあります。よりよい接客でお客様をおもてなしできるように、販売員研修や販売員の接客技術を競い合うコンテストが行われることもあり、接客技術を身につけるにはいい環境です。

 

 百貨店では年齢層の高いお客様にも受け入れられる丁寧な接客ができる人、ファッションビルでは元気よく複数のお客様を捌くことができる人が好まれます。

 

  • 路面店

 路面店は自社の方針に従った接客をしますので、覚えることは少ないかもしれませんが、他社の知識や技術を知ることはなかなかできません。その代わり、わざわざ路面店に足を運んでくれるお客様は自社ブランドのファンであることが多いので、接客がしやすいですし、リピーターになってくれるお客様も多いです。

 

 ただ、様々な店舗が入っていて立ち寄りやすいファッションビルや百貨店とは違って、なんとなく立ち寄ってくれるお客様は少ないので、集客に関しては工夫が必要です。また、ブランドの顔となれるような存在感のある人が求められる傾向にあります。

 

  • 路面店とファッションビルや百貨店では、仕事内容や求められる人物像に違いがある。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する