アパレル販売員の転職と年齢

職業:アパレル販売員

261views

imasia_12562974_M

 

アパレル販売員はどの年齢でも求人がある

 アパレル販売員は、全国的に見ても求人数がとても多いです。一年中人手が不足しているので、応募するブランドを絞りすぎなければ、年齢によって転職がしにくくなるということはほぼありません。特に幅広い年代のお客様が訪れるセレクトショップや量販店、アウトレットなどは、働いている販売員の年齢層もさまざまです。10代のアルバイトのスタッフもいますし、50代でパートとして働いているスタッフを見かけることもあります。

 

 ただし、未経験でアパレル販売員に挑戦したいという場合は、できるだけ20代のうちに転職活動をスタートさせておいたほうがいいでしょう。30~50代になると、店長候補やエリアマネージャーになれる程度の経験を持っていないと転職が難しくなってきてしまいます。

 

  • アパレル販売は年齢に関係なく求人があるが、未経験なら20代のうちに挑戦しておいたほうがいい。

 

ブランドのターゲット層と近い年齢が有利

 アパレル販売職は求人が多いので転職先を探しやすいのですが、ブランドのターゲット層と年齢が近ければ近いほど転職がより有利になります。ティーンブランドで働きたいと思ったら、30代より20代前半のほうがターゲット層と近いので、よりお客様のことを理解して接客することができます。

 

 アパレル販売員は、実年齢よりもブランドイメージに合わせて身だしなみに気を使えるかというほうが重視されます。店頭に立つときはそのブランドの服を着てコーディネートの見本にならなければいけないので、上手に着こなせるという意味でも、ターゲット層と年齢が近いほうがいいのです。

 

  • ブランドのターゲット層と年齢が近ければ接客がしやすいので有利になる。

 

客層に合っている年齢も歓迎される

 海外のラグジュアリーブランドや百貨店など、お客様の年齢層が高い店では、若い人よりもある程度年齢を重ねている販売員を採用したがることもあります。また、ティーンブランドや子供服の店も、子供だけで買いに来ることはなく親も一緒に来店するので、親世代のスタッフが必要になります。

 

 また、お客様の年齢層は同じブランドでも地域によって変わります。Aというブランドの都心にある店舗は20代のOL層が多く来店するけれど、郊外にある店舗は30~40代の主婦層が多いということはよくあることです。ブランドのターゲット層と自分の年齢が合わないかもしれないと思っても、働いてみたい店舗ならば応募してみるべきです。

 

  • 年齢を重ねたスタッフが重宝される店やブランドもある。また、同じブランドでも地域によって客層が変わることも多い。

 

本記事は2016/01/05の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する