トレーダーのアルバイト・派遣

職業:トレーダー

45views

imasia_4332545_M_R

 

トレーダーのアルバイト

 アルバイトとしてのトレーダー職の募集というのはほとんどありません。その理由として、トレーダーという職が専門性がかなり高いこと、また大抵が金融機関ですので入社の際のデューデリジェンスつまり適正人物であるかのチェックがかなり厳しいため、アルバイトという雇用形態にあまり適さないことが挙げられます。

 

 もし職業体験という意味で、アルバイトなどからトレーダーを始めてみたいという場合などは、インターンシップ制度を利用するとよいです。大手金融機関、特に外資系などはインターンを積極的にとっています。もちろんインターンの経験は必ずしもその後の就職に結びつくとは限りませんが、就職活動に有利に働くことは間違いありません。

 

  • トレーダーのアルバイトというのはほとんどない。職業体験を望むならインターンにチャレンジしてみるのもよい。

 

トレーダーの派遣

 派遣社員としてのトレーダーというのも比較的まれな存在です。大抵のトレーダーが正社員としての雇用であり、派遣社員としてのトレーダーはそれなりの経験が必要です。

 

 派遣社員としてトレーダーをするのは長期というよりは、休職者の埋め合わせなどの短期がほとんどです。派遣社員としてトレーディングルームにいるのはトレーダーのアシスタントです。トレーダーのアシスタントは、その職自体をプロフェッショナルにこなす人もいますし、将来トレーダーを目指してアシスタントから始める人もいます。

 

 全く別の業界にいるよりは目指すトレーダーのことを多く学べるよい環境です。

 

  • 派遣社員のトレーダーもまれである。アシスタントであれば派遣社員での雇用もあり得る。

 

契約トレーダー

 アルバイトや派遣とは違う雇用形態として、歩合契約のトレーダーが挙げられます。歩合契約のトレーダーは証券会社などに正社員として所属するわけではなく、ある期間の契約でトレーダーとしての実力をもってその上げた収益から給料をもらうといった契約で働くトレーダーです。

 

 契約期間は数か月といったものから、年契約といったものまで様々です。当然、こういった契約ベースでトレーダーを続けていくには、相当な実力が必要となりますので、かなり上級者向けの雇用形態となります。

 

 相当な給料のアップサイドが望める一方で、相場に生活が直接に左右されるため、大変生き残りの厳しい世界であるとも言えます。どのような雇用形態を目指すにしても、将来的なプランとイメージをもって人生設計をしておきたいところです。

 

  • 歩合契約トレーダーは、自分が稼いだ収益の一部を給料としてもらう契約ベースのトレーダーであり、かなり上級者向けの雇用形態。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する