証券会社のトレーダーの求人

職業:トレーダー

194views

imasia_121287_M

 

セルサイド

 金融業界では一般的に証券会社はセルサイドと呼ばれます。

 

 セルサイドトレーダーは、基本的に顧客から株や債券などの売買の注文を受け、その注文を顧客の希望通りにマーケットで売り手や買い手を見つけて取引を完結させる役割を持ちます。

 

 セルサイドは顧客となる投資信託や、ヘッジファンドなどに代わって売り手買い手を見つけることで、顧客から手数料収入を得ます。また、顧客から注文を得るために、マーケット情報や細かな値動きに影響を与える情報をサービスとして提供をします。

 

 この様に証券会社は顧客とマーケットを結びつける役割をもつため、ブローカーとも呼ばれます。

 

  • 証券会社のトレーダーはセルサイドトレーダーと呼ばれ、マーケットで取引を成立させる見返りとして手数料を得る。

 

カスタマートレーダー

 証券会社で勤務するトレーダーは大きく2つに分けられます。

 

 顧客から注文を受けてマーケットに注文をだして売買を成立させるトレーダーを、カスタマートレーダーやフロートレーダーと呼びます。また、顧客からの手数料が売り上げとなるのでセールストレーダーとも言われます。

 

 基本的には、顧客から受けた注文をマーケットに出して顧客の希望と条件にあうベストの取引成立を狙います。そういう意味ではトレーディングのうまさに加えて、顧客とのコミュニケーション能力が非常に重要です。顧客は金融機関のプロですから、法人営業経験は応募の必須の経験として提示している会社がほとんどです。

 

 年齢が若ければトレーディングの経験がなくても法人営業経験があることによって、就職のチャンスを与えられる可能性はあります。

 

  • カスタマートレーダーは顧客からの注文をマーケットに出して、その希望と条件にあうベストの取引成立を狙う。

 

プロップトレーダー

 カスタマートレーダーとは別に証券会社にはプロップトレーダーというトレーダーもいます。

 

 プロップトレーダーとは証券会社の自己売買部門に所属しているトレーダーで、自社のために株式や債券などの売買を行ってそこからトレーディング収入を得ています。規則や際限は決められていますが、担当枠内であれば、トレーダーの裁量で資金を動かすことができ、トレーダーの腕によって収入が大きく左右されます。

 

 プロップトレーダーとして転職する際は、それまでトレーダーとして積んだ実績に基づく交渉で雇用条件が決められます。トレーダーのスキルによって収入などの待遇に非常に差の出やすいポジションです。転職をする場合は、経験を求められるか、未経験の場合はトレードアシスタントなどからのスタートとなります。

 

  • プロップトレーダーは自らの裁量でトレーディングを行って会社の収益を生み出す。スキルによって雇用待遇に差が出やすい。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する