トレーダーの転職と面接

職業:トレーダー

94views

imasia_12354199_M

 

トレーダーの面接の準備

 他業種からトレーダーに転職を希望する場合は、周到な準備が必要です。

 

 トレーダーに関してだけでなく、業界全体についての知識も得ておくことが大切です。特に担当予定の商品が分かっている場合は、どのような特性の商品なのかやそれにまつわる用語などもきちんと調べておきたいところです。

 

 トレーダーに関してリサーチをしたら、自分の経歴やスキルを書き出し、トレーダー職にどのように貢献できるかを考えておきます。そして、トレーダーに転職したいのかという志望動機が一番重要です。自分の経歴と応募職との関連を探し出し、説得力のある筋道を立てておきたいところです。

 

  • 業界に関する情報は事前リサーチしておく。また志望動機は説得力のあるものを。

 

トレーダーの面接当日

 応募先は金融機関ですので、きちんとした格好で臨みたいところです。

 

 トレーダー自体は会社によっては非常にラフな格好の会社も多いのですが、まだまだ金融機関の堅い風習が残っているところも多いです。外資系もトレーダーはラフな格好のところも多いですが、日系の会社から転職している人も多いのでそれほど特別に考える必要はありません。

 

 面接官とはきちんと目を見てしっかりと話をします。特にトレーダー未経験の場合には、知ったかぶりは禁物です。自分の能力を最大限にアピールする必要はありますが、できないことまでできると言ったり、できるふりをしたりしてはいけません。

 

 面接官はプロですから事実に基づかない言動はすぐに気付かれますし、場合によっては矛盾を突かれたりして大変苦しい面接になってしまうこともあります。自分がどのように会社に貢献できるかを明確に述べる一方で、謙虚で誠実な姿勢を見せることが大切です。

 

  • 面接はきちんとした格好で臨み、謙虚で誠実な姿勢で。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する