トレーダーの転職と志望動機

職業:トレーダー

87views

imasia_9331577_M

 

異業種からトレーダーへの転職

 異業種からトレーダーに転職するのは非常にハードルが高いといえます。

 

 しかし、決して不可能というわけではなく、経験や志によっては十分可能であるといえます。その際にはもちろん、きちんとした志望理由が必要です。

 

 給料がよさそうであったり、かっこよさそうだからといった理由では、仕事を理解していると受け止められず、職を得るのは難しいです。異業種から転職する場合は、自分の積んできた経験がどのように金融機関のトレーダー職と結びつけられるのか熟考しておかなければなりません。

 

 また、事前にしっかりとトレーダーがどのような職業なのか、応募するポジションの商品がどのような物なのかを、下調べしておかなければなりません。深い知識を持っている必要はありませんが、面接官に全く業界を理解していないというような、印象を与えると不利です。

 

 事前準備をした上で、分からないことは面接で質問してもよいと思います。知らないことは知っているふりをせず、学ぶ姿勢を示すことが大切です。

 

  • 異業種から転職する場合は志望理由をしっかりと考え業界を理解しておく。

 

国内系トレーダーから外資系トレーダーへの転職

 同業種内で比較的多く見られる転職が、国内系金融機関から外資系金融機関への転職です。

 

 一番多く見られる志望動機は、外資系の魅力的な給与とやりがいです。国内系と外資系ではカルチャーも違いますので、それに見合った戦略が必要です。

 

 外資系では給与交渉が可能な場合が多いので、面接が進んでいけば給与の話をしても構いません。ただし、すぐに結果が求められる世界ですので、給与交渉をするためのスキルの裏付けが必要です。

 

 また、やりがいをその動機とするなら、自分のどのような経験が会社に貢献できるのかを具体的にアピールしておきたいところです。

 

  • 外資系では入社後すぐに結果が求められるので、自分がどのように会社に貢献できるかを具体的にアピールする。

 

契約トレーダーから正社員トレーダーへの転職

 契約トレーダーから正社員への転職の場合、会社側に社員としてこの人材を取り込んだ方が得策だと思わせる必要があります。

 

 企業側としては当然正社員を抱えることはコストアップというリスクがあるわけですから、そのリスクをとってでも正社員にした方がよいと受け取ってもらう必要があります。その場合には中長期の雇用となるわけですから、そうした将来的展望を志望動機の中に取り入れておくとよいと思います。

 

 転職する年齢が若いほど抽象的な志望動機でもある程度乗り切れるとは思いますが、年齢が上がるほどより具体的な志望動機が必要となり、また前職とどのような結びつきがあって、それがどのようにトレーダーとして生かせるかを説明できる必要があります。それらが見つけられない場合、面接を乗り切るのは非常に困難といえます。

 

  • 転職年齢が上がるほどより具体的な志望動機が必要。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する