トレーダーの仕事内容

職業:トレーダー

112views

imasia_16960940_M

 

市場の最前線で活躍するトレーダー

 トレーダーとは金融商品をマーケットで、あるいは買いたい相手、売りたい相手に値段を決めて注文を出し、取引をまとめる人のことをいいます。

 

 中でも外国為替市場のトレーダーはディーラーと呼ばれることがありますが、基本的な役割は同じです。一般的に、株式、債券、通貨、商品他様々な金融商品はすべてトレーダーによって売買されます。トレーダーの役割は決められた条件を満たしつつ、かつ取引をしたい人の利益を最大にするように取引をまとめることです。

 

 トレーダーとは常に市場の動向を注視し、どのようなタイミングや値段が取引に最適かを見極めて取引を執行するというように、まさに金融市場の最前線で活躍している人たちなのです。

 

  • トレーダーは利益を最大にするような値段やタイミングを見極めて取引を執行する。

 

トレーダーの種類

 トレーダーはその役割によって大きく2つに分けられます。

 

 一つは顧客のために取引を行うトレーダーで、自らの所属会社の顧客から受けた指示通りに取引を行うトレーダーです。ここでは顧客のニーズが最優先されるため、顧客との緊密なコミュニケーション、また時として顧客と深くかかわる営業マンとの連携が重要になってきます。このトレーダーは顧客から提示された条件を満たさない取引を自分の判断ですることはできません。

 

 一方でトレーダー自身の裁量で所属する金融機関の利益のために取引をするトレーダーがいます。このタイプのトレーダーはプロップトレーダーと呼ばれ、会社に決められた範囲内であればトレーダー自身の裁量で自由に取引をすることができます。当然ながら会社側もリスクを減らすために様々な制約やルールを課していますが、顧客の注文票通りに取引をするトレーダーと比較すると両者の目的は大きく異なります。

 

  • 顧客の指示通りに取引を行うトレーダーと、自身の裁量で売買をするトレーダーがいる。

 

トレーダーに求められるもの

 トレーダーは様々な要因で状況が刻一刻と変化する金融市場に常に目を向けていなければなりません。そのため情報に敏感に反応して、マーケットにどのような影響があるかを自ら見極めたり、アナリストなどの専門部署の人から情報を集めたりする必要があります。そうした情報収集能力は、どのようなタイプのトレーダーであっても重要です。

 

 また、トレーダーに欠かせないのが、与えられたタスクを瞬時にこなす機敏さです。金融市場はイベントやニュースによって瞬時に商品の価格が変動するといったようなことも多く、かなりのスピード感を持って業務をこなすことが求められます。時にはちょっとした対処の遅れにより、顧客や会社に思わぬ損失を与えてしまうこともありうるのです。

 

 そうした予期せぬ状況に的確な判断力で対処できるようにするためにも、普段からアンテナを高くして情報収集をしておいたり、他部署とのコミュニケーションを密にしておくといった姿勢が大切です。

 

  • トレーダーには情報収集能力、機敏さが求められる。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する