弁理士の1日

職業:弁理士

74views

imasia_9570933_M_R

 

弁理士の1日の流れ

 ある弁理士の1日の流れを例としてご紹介します。

 

  • AM9:00出所

 朝一番にメールのチェックを行います。外国の代理人からのメールは、時差の関係で夜中に届くことが多いので、重要な内容のメールを見落とさないためにもすぐに確認します。合わせて、担当している案件の期限の確認を行います。案件毎に法定期限やクライアントに対する納期が設定されているため、毎日確認をして期限渡過を防止しています。

 

 期限が迫っている案件であってクライアントからの指示等がない案件については、クライアントに問い合わせを行います。

 

  • AM10:00中間対応

 法定期限が迫っている拒絶理由通知の対応等を行います。特許庁から拒絶理由が通知されている案件については、拒絶理由を解消するために補正案を検討し、クライアントに拒絶理由通知と検討した補正案を送付します。クライアントから拒絶理由に対する対応指示が来ているものには、手続補正書、意見書を作成して特許庁に提出します。

 

  • PM1:00クライアントとの打ち合わせ

 新規の出願案件についての打ち合わせを発明者同席のもとで行います。発明者から発明についての説明を受けます。事前に資料が届いている場合は、予め先行技術文献の調査を行い、調査結果を踏まえて出願する発明の内容を検討します。この際、発明者からの資料に記載されている内容だけでなく、その発明をするにいたるまでの苦労話等を聞き出して埋もれている発明を発掘します。

 

  • PM3:00所員との打ち合わせ

 クライアントから受けた新規案件について、実際に担当する所員に具体的な発明の内容を説明します。所員には、発明の内容だけでなく、発明の背景、先行技術の内容、競合他社との権利の関係等も説明し、クライアントが求めている以上の明細書が作成できるようにします。また、打ち合わせで生じた疑問点や追加の資料の要求等をクライアントに対して行います。

 

  • PM4:00担当案件の明細書の作成

 担当している案件の明細書の作成を行います。明日以降の予定を鑑みて明細書の作成を進めます。また、クライアントとの打ち合わせで指摘された事項や要望をもれなく記載しているか注意しながら作成します。また、似たような案件を担当している場合は、内容を混同しないように十分配慮して進めます。

 

  • PM8:00帰宅

 納期が迫っている時期は、PM10:00を過ぎることもあります。

 

  • 依頼案件の内容やクライアントの要望事項の有無によって、必要な作業時間も変動する。

 

本記事は2016/01/14の情報で、内容は弁理士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する