特許事務所・一般企業の弁理士の求人

職業:弁理士

52views

imasia_16552261_M_R

 

特許事務所の特許・実用新案担当

 最も多数の求人がある分野です。特許・実用新案担当の求人は、機械、電機、電気、電子、化学、バイオ等の専門分野の指定があります。

 

 また、小規模から中規模の事務所は、機械・メカトロ系を得意とする事務所や電気・電子・ソフト系を得意とする事務所等に分かれ、事務所の得意分野における求人が必然的に多くなります。

 

 機械系の専門分野は、基本的な分野であり、例えばバイオ関係が得意な事務所であっても装置の出願など機械系の知識で対応できるものがあるため事務所の得意分野に限らず求人は多くあります。大規模の事務所は、クライアントも多岐にわたるため得意とする分野はありますが、それほど突出したものではありません。

 

 このように、特許・実用新案担当の求人は技術分野に基づいた求人ですので、求人されている分野の技術系出身の弁理士は、比較的容易に採用されます。求人されていない分野でも技術関係出身の弁理士であれば、採用の可能性は高くなります。

 

  • 最も多数の求人がある分野で、求人されている分野の技術系出身の弁理士は、比較的容易に採用される傾向にある。

 

特許事務所の意匠担当

 物品の形状に関係する特許出願を行った場合、合わせて意匠登録出願を行うことがあります。特許権で物品の形状に関する技術的思想を保護するとともに、意匠権で物品の形状そのものを保護することでその物品を多角的に保護するためです。

 

 このため、意匠担当は、特許・意匠担当として求人されることがあります。意匠権は、物品の形状、模様、色彩等を保護するものです。従って、意匠権の取得には、特許権を取得する場合に必要な技術的な知識をそれほど必要としません。

 

 意匠担当には、権利を取得したい物品の特徴を的確に表すためにどの線を書いてどの線を消すかといった判断が求められます。しかし、その判断に技術的な知識を生かすことができるため、技術関係出身の弁理士が優遇される場合があります。

 

  • 技術関係出身の弁理士が優遇される場合がある。

 

特許事務所の商標担当

 商標は、特許、意匠と趣きが異なります。技術的な知識はほぼ必要ありません。

 

 商標登録出願は、商標を使用する商品、役務を選択しなければなりません。商標担当は、その企業の業務形態、商圏、経営方針等から、現在の商品や役務だけでなく今後その商標を使用する可能性がある商品や役務を鑑みて商標登録出願を行う必要があります。

 

 このため、商標担当は、クライアントが属する業界の方向性やライバル会社の動向に注意をはらう気配りが求められます。

 

  • 技術的な知識はほぼ必要ないが、動向に注意をはらう気配りが求められる。

 

一般企業での知的財産担当

 一般企業においては、知的財産部からの求人が大多数です。知的財産部員は、技術部門や生産部門で発明の発掘会を開催し、特許事務所との打ち合わせのコーディネイトや、出願書類のチェックを行います。

 

 また、他部門に対して知的財産に対する教育を行います。さらに、知的財産部員は、競合他社の出願内容を確認し、自社の技術が他社の権利に抵触していないか、他社の製品が自社の権利に抵触していないか確認します。問題がある場合、特許事務所と連携しながら対処を行います。

 

 管理職として転職した場合は、知的財産業務の方針や戦略を策定する業務も加わります。このように、一般企業における弁理士の業務は、特許事務所における弁理士の業務よりも広く、多岐にわたります。

 

 一般企業における弁理士は、知的財産のスペシャリストでありますが、自社技術の強みと弱みを把握し、他社の技術動向を考慮したうえで、今後の企業の経営方針を決定するための指針を提示するゼネラリストとしての能力が求められます。

 

  • 一般企業では知的財産部からの求人が大多数で、指針を提示するゼネラリストとしての能力が求められる。

 

本記事は2016/01/08の情報で、内容は弁理士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する