ブライダルプレイヤーの転職と志望動機

職業:ブライダルプレイヤー

395views

imasia_11151884_M_R

 

ブライダルプレイヤーの志望動機

 演奏を仕事にしたい、演奏で人の役に立ちたいという内面的な動機が多い傾向にあります。ですが、音楽を続けていると報酬を得て演奏する場は決して多くない事に気がつきます。スタジオミュージシャンやライブメンバーとして演奏のみで生活している人はほんの一部であり、講師業や編曲、音源の製作などその他の仕事を収入源としている人は多いです。

 

 その中で、ブライダルプレイヤーは演奏に対し対価を得る仕事の一つです。結婚式を支える裏方であるとしても、演奏が直接のサービスとなり報酬が発生する事にはかわりません。バーやクラブで演奏すると夜型の仕事になりがちですし、演奏を仕事をしたい人にとって日中にもできる確実な選択肢の一つです。

 

  • 演奏を仕事にしたい・人の役に立ちたいという内面的な志望動機が多い傾向。

 

ブライダルプレイヤーの転職と年齢の関係

 20代で音楽大学や音楽の専門学校に通っているならば、たまたま紹介で始める事になったという人も多いです。

 

 転職として選ぶ人は、ピアノや電子オルガンが好きで一定の演奏力を持ち、ブライダルプレイヤーに思い入れがあって挑戦するケースが多いです。結婚式は土日祝日に多くダブルワークしやすい事もあり、一般企業でまったく別の仕事をしながら、副業として楽器の演奏スキルを活かせるブライダルプレイヤーを選ぶ人もいます。

 

 ブライダルプレイヤーは女性が多く、結婚・出産という大きなライフイベントが始まる30歳前後からそれ以降となると、転職のきっかけや志望動機も新たな要素が出てきます。

 

  • 女性が多い為、転職はライフイベントが始まる30歳前後がきっかけになる傾向。

 

ブライダルプレイヤーの30歳以降の転職動機

 音楽大学や専門学校を卒業し、楽器講師としてフルに働いていた方でも、結婚や出産で現場を離れる事が多くなります。生徒さんのレッスン時間に合わせると夕方から夜にかけて働く事が多くなるからです。講師業に復帰するための条件が揃わない場合も、ブライダルプレイヤーならば単発でも継続的に仕事に入る事ができるので、音楽の現場から離れないで済みます。条件が整い講師業に復帰したい場合も、現役の演奏技術をあり、プレイヤーをしながら得た人脈、情報がある点でスムーズに運びやすいです。

 

 また、音楽とは関係ない分野で会社勤めをしていた方も、結婚や出産を期に一度家庭に入るケースがあります。仕事を始めたいけれどフルタイムの勤務が難しい人にとって、ブライダルプレイヤーの稼働時間の短さは着目ポイントです。音楽が好きで一定の演奏技術を持っている方なら前職が畑違いでも挑戦できます。子供の預け先などが見つけにくい場合も、パートナーが平日勤務なら週末は役割を交代して仕事に行く事も可能です。スケジュールも調整できるので、勤務条件が転職のきっかけになる事もあります。

 

  • スケジュール調整ができる事や稼働時間が短い事から、結婚後も復帰しやすい業界。

 

本記事は2015/07/17の情報で、内容はブライダルプレイヤーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する