CADオペレーターで求められる学歴

職業:CADオペレーター

127views

imasia_11704390_M_R

 

CADオペレーターとしての学歴

 CADオペレーターとして就業する際には、特に必要な学歴はありません。

 

 必要なのはCADオペレーションに対するスキルや製図知識、実務経験等であり、就業先が求める能力さえ持っていれば、年齢や性別などには関係なく就業することができます。また、その作業に対するスキルが高ければ評価も上がりますので、能力があれば給与も上がる実力社会といえる世界です。

 

 学歴よりも重要なのが、CADオペレーションを初めて学んだのがどこなのかということです。学校なのか、職業訓練学校なのか、就業先で仕事しながら社内で学んだのか、教科書で学んだだけなのか、それとも実用的な内容で学んだのかに注目されます。より実務的な作業能力を持っているかが、学歴よりも重視されます。

 

  • より実務的な作業能力を持っているかが、学歴よりも重視される。

 

学歴よりもスキル重視

 建築や機械系の大学・専門学校等でCADを学ぶ人も増えていますが、普通科高校を卒業した後に職業訓練学校でCADを学んだ人と比べた際、契約社員や派遣社員などで就業する場合には、給与にその差はなく、学歴よりもスキルを重要視する業界といえます。

 

 作図技能や作業スピード、作業の正確さやその作業に対しての責任力、そして高い製図知識のある人の方が学歴のある人よりも給与賃金は高くなります。そのため、若くして転職を経験し、いろいろな作業に携わりながらスキルアップしている人も多くいます。

 

 学歴よりもスキルや作業に対しての対応力を企業は評価しますので、実力主義でどんどん給与を上げていく人も存在します。高いスキルを持っている人は、派遣やアルバイトなどの非正規雇用で就業しても正社員にスカウトされたり、短期雇用で就業期間を終えても次の仕事が発生した際に声をかけてもらえたりすることもあります。

 

  • 学歴よりもスキルや作業に対しての対応力を企業は評価する。

 

場合によっては学歴が役立つ場合も

 CADオペレーターとして就業する際に、場合によっては学歴があった方が有利な場合もあります。

 

 CADオペレーターとしての求人で給与水準が高い場合には、数多くの応募がある場合があります。特に正社員雇用に繋がる場合などは、不景気の折、大卒の新卒の就職活動も厳しいことから、数名の採用枠に100名以上の応募が殺到することも少なくありません。

 

 そのような優秀な人材が複数名応募してきた場合には、企業としてはより高い学歴の人材を欲しがる傾向にあります。そのため、自分の学歴が低いと考える人の中には、学歴を資格取得などでカバーしようとの考えから、就業しながら職業訓練学校などに通い、より高いスキルを得るために頑張る人も多くいます。

 

  • 優秀な人材の応募殺到した場合には、より高学歴の人材が選ばれることも。

 

本記事は2015/12/21の情報で、内容はCADオペレーターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する