CADオペレーターで求められるスキル・能力・知識

職業:CADオペレーター

134views

imasia_11242836_M_R

 

CADオペレーターに求められるスキル

 CADオペレーターに求められるスキルとして、最も重要なのはオペレーション技能です。指定された寸法どおりに、図形を正確に作成する技能が最も重視されます。

 

 CADソフトウェアの操作コマンドを十分に理解し、自分の思い描く通りに図形を順序立てて作成していきますが、その作成段階においても、最も手順の少ない方法で作図し、作業時間をより短縮することがスキルの評価につながります。また、図形を描くだけでなく、作図に入る前の段階である、図面データの書式の設定などについても、不具合があれば自分で編集できる能力が必要となります。

 

 就業先によってCADソフトウェアが異なる場合もあり、その際のコマンド表示は変わりますが、作図の作成手順は基本的には変わりませんので、即座にそのソフトウェアに対応し、操作を習得する適応力が必要です。

 

 高いスキルを持つベテランCADオペレーターになれば、CADソフトウェアの操作を教える側のインストラクターとして就業することも可能で、オペレーターとして就業しながら、CADインストラクターの資格取得の勉強をする人も増えています。

 

  • 最も重要なのはオペレーション技能。

 

CADオペレーターに求められる能力

 CADオペレーターとして就業する場合、CADソフトウェアのオペレーション技能や製図知識だけでなく、作業を周囲の人と協力して進めるためのコミュニケーション能力も必要となってきます。

 

 CADデータを作成する過程において、1案件を進めるに当たり、作成される図面データは少ないものでも数十枚、規模の大きな案件になると数百枚単位で作成します。そのため、複数名で作業に当たるので、図面の書式設定の統一はもちろん、図形のレイアウトや文字の挿入位置、寸法線の挿入間隔や引き出し線の角度や長さ、画層管理方法など、図面作成における設定や表現を、全てのデータが同じものになるように相談しながら進める必要があります。

 

 また、期限厳守において作業の進行状態をみながら、作業分業を変更することなどもあり、その案件に携わる人々と常に協力することが必要となります。図面データの作成そのものは単独作業になりますが、常に周囲の進行状況を意識しながら作業を進める適応力も必要です。

 

  • 作業を周囲の人と協力して進めるためのコミュニケーション能力が必要。

 

CADオペレーターに求められる知識

 CADオペレーターとして就業する中で、常にその作業に携わる専門知識を吸収しようとする姿勢も大切です。

 

 図面を通してその案件への理解を深めるために、カタログやインターネットで関連資料や参考図面などにも目を通すなど、与えられた作業範囲だけにとどまらず、関連する知識の情報収集も、作業を円滑に進める上で重要になってきます。

 

 また、部分的な作業に携わる場合においても、常に案件の全体像を意識して進行することも大切です。その中で、たとえ上司からの指示であっても、おかしいなと感じる部分については決して自己判断で作業を進めることなく、内容を自分から確認し、確実に作業内容を理解した上で進めることが、高い専門知識を得ることに繋がっていきます。

 

  • 常にその作業に携わる専門知識を吸収しようとする姿勢が大切。

 

本記事は2015/12/21の情報で、内容はCADオペレーターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する