CADオペレーターの転職と年齢

職業:CADオペレーター

164views

imasia_14783270_M_R

 

20代の転職事情

 20代の転職の場合、学卒後の社会経験を含めての実務経験やスキルを見て評価されます。オペレーターとしての業務内容だけを評価するだけなく、社会人としての適正能力なども含めて、チームでの作業進行に柔軟性を持って対応できるかなども対象となります。

 

 図面データの作成業務を行う場合には、複数名で1案件を進行していくことも多く、コミュニケーション力がないと業務進行に支障をきたす事になります。そのため、社会経験や実務経験が少ない場合でも、社会性を備えた人材と判断されれば採用される確率は高くなります。

 

 全く社会経験がない場合には、まずはアルバイトや契約社員として採用をしたり、試用期間や見習い期間などを経て正式採用をする企業が増えています。スキルを高めたいという前向きな意欲があれば、働きながら技術を得てもらえればよいと考える、先行投資的な考え方の採用先も多くなっています。

 

  • 社会性を備えた人材が求められている。

 

30代・40代の転職事情

 30代・40代の中堅的な年齢層の転職の場合、実務経験を持って転職される人も多く、企業側としては即戦力として就業後すぐに業務に参加できる知識と能力を持っている人材を求めています。

 

 そのためCADオペレーターとして、豊富な経験やスキルを積んでいれば、正社員や契約社員としての正規採用枠での採用率も高くなります。また、即戦力としての実務対応力が高く評価されれば、長期的な雇用も見込めるため、その業界で必要な実務年数を活かしての資格取得への道も開けます。

 

 異業種への転職の際には、今まで就業していた業界でどのような業務に携わっていたかを明確にし、異業種では解りにくい業務内容や業務進行の方法などを丁寧に説明し、その経験を正しく評価してもらえるように努めることが必要になります。

 

 またこの年代で経験が少ない場合や、私事で離職した後の復職の場合等は、まずはアルバイトや派遣で経験を積み、ステップアップしていくことでスキルを高めることができます。

 

  • 即戦力としてすぐに業務に参加できる知識と能力を持っている人材が求められている。

 

50代以上の転職事情

 50代以上の転職の場合は、20~40代とは求人状況が多少異なり、設計や製造に携わる業務の補助的な人員としての求人等が多くなります。

 

 早期退職や定年を迎えた方など、それまでの豊富な実務経験を活かして、即戦力としての人材を求めながらも、正社員のアシスタント的な人材や、繁忙期の増員や一時的な欠員補充などを目的とした臨時雇用などが多く、その場合、あらかじめ雇用期間を定めた求人となっています。

 

 アルバイトや派遣など、非正規としての採用が多いため、賃金水準は前職よりも低くなる可能性があります。

 

  • アシスタントや繁忙期の増員などの臨時雇用が多く、即戦力になる人材が求められている。

 

本記事は2015/12/18の情報で、内容はCADオペレーターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する