CADオペレーターの仕事内容

職業:CADオペレーター

139views

imasia_14209295_M_R

 

CADオペレーターの主な仕事

 CADオペレーターの仕事は主にCADソフトウェアを使って図面データを作成する業務です。

 

 CADのソフトウェアは建築・土木・機械・電気等、各業界により主となって使われているものが異なります。その中でも汎用ソフトとして一番多く使われているのが、AutoDesk(オートデスク)社のAutoCAD(オートキャド)といわれるソフトウェアで、大学や専門学校、資格取得スクールなど広く学習する機会があり、他のソフトウェアとデータの互換性もあることから、多くの企業で導入されています。

 

 CADオペレーターの業務種別として一般的なのは、「2D」といわれる二次元図面(平面)の作成で、「3D」といわれる立体図作成については、また別の業務として扱われています。

 

  • CADソフトを使って図面データを作成する業務となる。

 

CADオペレーターの業務内容

 CADオペレーターの業務内容は、既存の図面データの修正や、既存の図面データを参考にして新たに図面データを作成したり、また、紙媒体の図面を参考にして図面データを作成するなど、一般的には雛形となるものを使用して図面データを作成します。

 

 データが何もない状態から図面データを作成するためには、各業界においての専門知識や設計経験がないと出来ませんので、その場合はオペレーター業務ではなく、設計業務に属します。

 

 CADオペレーター業務は、その昔「図面のトレース業務」という名で従来からあった職種で、当時は紙媒体に図面を書き写す作業でした。しかし現在ではPCを使って図面をトレースする業務となり、その場合、ソフトウェアのオペレーション(操作)技能も必要となったことから、CADオペレーター業務はより専門職として扱われるようになりました。

 

  • 一般的には雛形となるものを使用して図面データを作成する。

 

CADオペレーターの業務で必要な知識

 CADオペレーターの業務で必要とされるのは、CADソフトウェアを操作する知識と、共に図面作成についての知識も必要となります。

 

 建築関係やアパレル関連等では、目で見たままの状態を平面に投影する「一角法」での作図が主流ですが、機械関係や金型関連など、立体工作物の図面データを作成する場合には「三角法」と呼ばれる、立体を切り開いて展開したような状態の図面データを作成します。

 

 また、図面作成の基礎知識として、線の太さの使い分けや文字の入れ方や寸法線の引き出し方など、細かな決まりがあります。それ以外にも、PCについての基礎知識や図面データのファイル管理なども必要であったり、さらにワードやエクセルで作成した表などを使用する知識なども必要になる場合があります。

 

  • CADソフトウェアを操作する知識と、共に図面作成についての知識、そしてPCについての基礎知識も必要となる。

 

本記事は2015/12/18の情報で、内容はCADオペレーターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する