ピアノ教室・音楽教室のピアノ講師求人

職業:ピアノ講師

651views

imasia_13654597_M_R

 

音大を卒業した人の多くが採用されるピアノ教室

 ピアノ講師として働く場所として最も多い職場は、ピアノ教室・音楽教室です。音大に通学している学生のほとんどが、ピアノ教室や音楽教室への求人に応募する事を考えています。

 

 日本では音楽で生計を立てる事が非常に難しいので、音大に入ったとしても生計をしっかりと立てられる仕事に就く事はかなり大変です。生計を立てる事に重点を置くと、一般企業に就職した方が良いですが、音楽を勉強してきた者にとっては音楽に関わりたいという気持ちから、一般企業にはかなわない収入であってもピアノ教室や音楽教室に入り、少しでも多くの収入を得る事を目指すのです。

 

 ピアノ講師というと、ピアノを専門に勉強してきた人がほとんどかと思われるかもしれませんが、ピアノ教室や音楽教室のピアノ講師は、ピアノ以外の楽器や声楽、作曲などを勉強してきた人が講師になっている場合もあります。

 

  • 音大学生ほとんどがピアノ教室や音楽教室でのピアノ講師を目指している。

 

教室によって異なるピアノ講師の求人広告

 ピアノ教室や音楽教室の求人は春に多くなる傾向がありますが、欠員が出たときや生徒が増えたときなど、季節を問わず募集の可能性があります。より良い待遇のピアノ教室や音楽教室を探したいと思っているような人は、ピアノ講師の求人が出るサイトなどを常にチェックしておく事が必要です。

 

 大手のYAMAHAやKAWAIなどでは求人内容はほとんど変わりませんが、小さな楽器店や個人の音楽教室となるとピアノ講師の求人内容もまったく違ってきます。応募資格として「楽譜が読める程度でOK」等、レベルについての要件が記載されているピアノ教室もあります。疑問に感じた場合は直接電話をするなど、きちんと確認する事が必要です。

 

  • 教室によって求人のレベル要件が全く異なる事も。疑問に感じたら確認しよう。

 

大手より個人の教室の方が給料が多くなる事もある

 ピアノ講師として働く場として、YAMAHAやKAWAIの音楽教室は誰もが知っている教室です。大手の音楽教室ですのでピアノ講師として働く人も多く、いろいろな噂も聞く事ができます。YAMAHAやKAWAIの音楽教室でピアノ講師として働いた場合は、教室とピアノ講師の給料の割合は4:6や5:5などが多く、ひどい場合は6:4という事もあります。

 

 しかし、個人の音楽教室や楽器店などでは教室とピアノ講師の給料は、3:7や4:6という事が多く、7割がもらえる事も不思議ではありません。小さな楽器店や音楽教室を狙った方が給料は多くなる可能性があります。

 

 ピアノ教室や音楽教室のピアノ講師の求人を探す人は、大手にこだわらず探してみる事が大切です。

 

  • 大手にこだわらず、視野を広げて探す事が給料アップの鍵。

 

本記事は2015/07/13の情報で、内容はピアノ講師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する