レストラン・飲食店のバーテンダーの求人

職業:バーテンダー

39views

imasia_7237535_M

 

フレンチ・イタリアンレストランの求人

 バーテンダー募集はあまりありませんが、ソムリエという形で求人があります。

 

 ソムリエ資格を保有していれば、能力給もバーテンダーより高額になる場合が多いので、収入のアップも望めます。ソムリエ資格がなくても、ウェイター兼ドリンク担当としての採用が見込めます。高級レストランは従業員のマナーも重視されるので、バーテンダーで培った高度な接客スキルとエレガントな所作は役立ちます。

 

 あまり多く求人はでませんが、知り合いや紹介の口など根気強く探すことです。

 

  • ソムリエもしくは、ウェイター兼ドリンク担当としての採用が見込める。

 

和食・寿司屋の求人

 バーテンダーとしての求人はありませんが、きき酒師・焼酎きき酒師の資格を保有していれば、ドリンク担当としての採用が見込めます。

 

 和酒を使ったカクテルの流行や、寿司にワインやシャンパンを合わせるスタイルも浸透しつつあります。カクテルスキルを披露する場は少ないですが、新たな試みとしてカクテルやお料理に合ったお酒の提案を行うなど、バーテンダーにとってはまだ可能性のある分野です。

 

  • きき酒師・焼酎きき酒師の資格を保有していれば、ドリンク担当としての採用が見込める。

 

ダイニングバー・居酒屋の求人

 バーテンダー、もしくは、ドリンカーという名称で募集しています。ドリンク担当ポジションは基本アルバイト採用で、社員雇用は店長や店長候補など全体を仕切る職種であることがほとんどです。

 

 ダイニングバーや居酒屋でも、酒やカクテルのラインナップが豊富な店舗も多く、オリジナル商品を展開しているところもあります。仕事(カクテルレシピ)はマニュアル化されており、カクテル技術の向上はあまり望めませんが、忙しい現場が多いのでスピーディーな仕事が身につきます。

 

  • アルバイトとしてドリンク担当ポジションでの採用が見込める。

 

本記事は2015/12/15の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する