バーテンダーの1日の流れ

職業:バーテンダー

303views

imasia_6423068_M

 

出勤と開店準備

 出勤は基本夕方となり、主にオープンする1〜2時間前に出勤します。17〜19時頃にオープンするバーが多いこの業界では、一般的な出勤時間は15〜17時頃となります。

 

 出勤したらまずお店の清掃を行い、開店準備をして、次に仕込みです。営業中に必要な氷を割ったり、フルーツのカットやジュースを絞り、おつまみを出すバーではフードの仕込みも行います。発注しておいた飲材や荷物の受取・搬入、足りないものは買い出しに行くこともあります。

 

 会計金や、おしぼり・コースターなどの備品も用意して、最後にもう1度身支度を整えたら、オープンします。

 

  • オープンする1〜2時間前に出勤し、清掃、開店準備、仕込みの流れが一般的となる。

 

営業時間

 お店がオープンしたら、いつでもゲストを迎えられる態勢をとりながら、グラスやボトルを磨いたり、仕込みの続きをしながら来客を待ちます。

 

 ゲストが来店したら、カウンターでの接客、カクテルやお酒のサービスなどのバーテンダー業務に就きます。バーの忙しさがピークになるのは、21〜0時頃と、週末であれば0〜2時頃も終電を逃した人々で賑わいます。

 

 忙しい時間を避けて、スタッフで交代で休憩を回し、食事等を摂ります。あまりにも多忙な日には、上手く休憩が取れなかったり、閉店間際になってようやく取れることもあります。少人数のスタッフでまわす接客業ならではの事態です。

 

  • 多忙な日には、上手く休憩が取れなかったりすることもある。

 

閉店と勤務後

 閉店時間を迎え、ゲストを無事に全員お見送りした後はクローズ業務です。

 

 全てを片付けて、翌営業の為に飲材の補充をし、足りないものには発注をかけます。店内を清掃し、レジ締めと会計報告等を行います。閉店後1時間程でこれらを済ませ、業務終了です。

 

 お店の閉店時間によりますが、電車の動いていない時間であれば、そのままお店の残るか飲みに出たりして始発を待ち、朝方に帰宅します。

 

  • 閉店後1時間程で、片付けや清掃、飲材の補充、レジ締めと会計報告等を行う。

 

本記事は2015/12/14の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する