総務の転職と資格

職業:総務

184views

imasia_7252598_M_R

 

人事・労務の資格

 主に人事・労務の担当者の求人の場合は「社会保険労務士」の資格が大いに活躍します。入社時・退職時の雇用保険、健康保険、年金の手続きはもちろん、会社と社員との取り決め事項とも言える就業規則の改変や、万一の労災事故に伴う労働基準局への届け出や対応を専門家として受け持つことができます。

 

 企業内においても、社員の労務に関する相談に的確に回答できるなど、資格の専門性が役に立ちます。

 

  • 社会保険労務士は人事・労務で専門性を発揮できる。

 

税金に関する社員からの質問は多い

 人事の中でも給与計算は大きなウエイトを占めてきます。規模の大きい企業では「税理士」の資格は経理のみならず、人事では特に給与の源泉所得税の部分で説得力を持ちます。

 

 近年は給与計算や年末調整は専用ソフトで自動的に行えますが、毎年年末調整の時期は所得税や、扶養家族についての社員からの質問が多くあります。それらに回答をする時や、決算時に事務的処理をしてゆく上でも税理士の資格がある人は優遇されます。

 

  • 規模の大きな企業では、税理士資格は経理だけでなく総務でも求められる。

 

その他で持っておきたい資格

 「社会保険労務士」や「税理士」は専門性も高い上に、合格の難易度も高い資格で、一般の募集で要求される資格では有りません。

 

 一般職としての総務で持っていたい資格では、「秘書技能検定」、「ビジネスマナー検定」など、受付や来客の接遇に関する技能や「簿記」、「珠算」、「電卓検定」、「計算実務能力検定」など経理的処理に必要な技能です。そして、「毛筆○段」や「硬筆○段」は美しい文字が書けることで重宝されますし、「漢字検定○級」などは、ビジネス文書にも役立ちます。

 

 ただし、これらの一般的な資格は、難易度の高い3級以上が望ましい傾向にあります。

 

  • 毛筆や硬筆の資格を持つ字の綺麗な人は、好感度も増して意外と有利。

 

本記事は2015/12/08の情報で、内容は総務としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する