総務の求人事情

職業:総務

48views

imasia_16718930_M_R

 

総務の仕事内容も細かく分けられている大企業

 社員のお世話が中心の総務の仕事は、裏方的要素がほとんどで表に出ることは少ないのですが、大企業では一つ一つの業務も大量になってきます。秘書的な役割の部署は秘書課、人事関係の仕事は人事・労務課などとして各々専門の分野ごとに分かれてきます。

 

 技術の進歩や経済環境の変化は日進月歩で、経営企画・開発も重要な部門として扱われます。また社員の健康管理やメンタルヘルスが求められる現在、総務の仕事はより複雑かつ専門的になっている為専門的な分野での求人が増えています。

 

  • 大企業では専門的知識を持った人材が求められている。

 

ジェネラリストを求める傾向にある中堅・中小企業

 総務の仕事は、どの企業にも必要な職種です。総務の求人は大幅に増えることは無くても、企業の大小を問わず幅広い業種から確実に需要が有ります。企業規模によっては「総務・経理」や、「総務・人事」などより幅広い仕事内容の募集が多く見受けられます。

 

 中堅・中小企業では一般的に総務・経理・人事を総括して総務とし、業務を円滑に進めようとする傾向にあります。経理による売り上げの計上、請求、売掛金の回収、人事として大きな比率を占める給与の計算、支払い、社会保険の手続き等を一括して総務が管理すると、横の連絡がスムーズになり、小回りの利く企業になるからです。

 

 そのため、偏った専門知識よりも浅くても広い知識を持った人材の需要が増えています。大体の中堅・中小企業では、そういうジェネラリストの総務は企業の経営者とのコンタクトが密になり、経営の中枢を知る立場になります。

 

  • 中堅・中小企業では経営のトップとのコンタクトが密になる。

 

基本的な総務の求人条件

 各々の企業は総務の管理者がいない状態はまず有りません。その場合はルーティンワークから入っていけるので、指導し、成長してもらえることを踏まえて、経験不問の求人や派遣社員や非正規社員での採用もあります。

 

 しかし、実務経験があり、基本的な人事の知識や簿記の資格がある人が即戦力として優先的に採用になるのは当然の結果となります。管理者や中間管理者の交代による募集でしたら、その業務に見合ったスキルと経験を求められるのは言うまでもありません。

 

  • スキルと経験によって与えられる仕事や立場は変わってくる。

 

本記事は2015/12/04の情報で、内容は総務としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する