旅行添乗員の副業

職業:旅行添乗員

146views

imasia_16397060_M_R

 

添乗員の副業の実態

 添乗員の収入は、旅行業界の繁忙期と閑散期に影響を受けますので、とても不安定です。未経験から始めた添乗員は繁忙期でも月収が20万円程で、閑散期は数万円まで落ち込むこともあります。そうなると、実家暮らしでない限り生活できません。

 

 更に悩ましいことは、添乗員のスケジュールが不明確なことです。会社から電話があり「今週○曜日、○○に行ける?」と仕事の依頼がくることもあります。当然断っても良いのですが、それだと添乗の仕事が増えません。こんな毎日ですから、もう1つの仕事を掛け持ちでやりたくても、都合よく働ける仕事がなかなか見つからないのです。

 

  • 定職を別に持ち、添乗員を副業と割り切る人もいる。

 

通訳ガイド

 添乗員の副業としてもっとも相性が良いのは、通訳ガイドです。同じ旅行業界の仕事ですし、観光地を案内することに大きな違いはありません。もし通訳ガイドとして食べていける程の語学力があれば、通訳ガイドが本業で添乗員が副業と言うことになります。

 

 一方で、通訳ガイドになりたいけどまだまだ語学力や通訳の知識・経験が乏しい人は、添乗員の仕事をしながら通訳ガイドの勉強をして、ゆっくりと目標に向かうことができます。

 

 ですが、通訳ガイドも常に仕事が安定しているわけではありません。添乗員と同様に、仕事を1本1本もらって収入を得ている人が多いです。働き方が似ている点も相性がいい理由の1つです。

 

  • 通訳ガイドと添乗員の仕事は相性が良い。

 

旅行記事のライターになる

 最近では、フリーのライターとして旅行記事を執筆している添乗員がいます。添乗員の醍醐味は様々な観光地に行けることです。ただ行って帰ってくるだけでは添乗員としての収入しか入ってきませんが、0円で旅行に行けるメリットを最大限に生かしたのが、ライターの仕事です。

 

 

 ライターとして記事を1本書いたとしても1000円ほどにしかなりません。しかし、1回の添乗業務で数本のネタを仕入れることができれば、書く時間は必要ですが数千円の収入につながります。書く時間がもったいないと考える人は、添乗業務中に暇な時間がありますので、その時にスマートフォンで記事を書きためてしまえば良いのです。添乗業務に1日出て8000円ほどですから、1000円でも大きな副収入に感じるはずです。

 

  • 添乗業務中の空時間を有効に活用して副収入を稼ぐこともできる。

 

本記事は2015/12/03の情報で、内容は旅行添乗員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する