旅行添乗員とツアーガイドの違い

職業:旅行添乗員

841views

imasia_16717925_M

 

よくある誤解

 添乗員をしていることを伝えると、色々な観光地に詳しい人と思われることがあります。それはそれで間違いではありませんが、多くの人はバスガイドが旗を持って観光地を案内している姿を思い浮かべている様です。

 

 添乗員になるために必要な資格が何かを考えるとよく分かりますが、観光地に詳しいことは添乗員に求められていません。添乗員はあくまでもツアーが滞りなく進むことを管理するのが仕事です。

 

  • 添乗員とガイドは違う職業。

 

添乗員とツアーガイドの違い

 添乗員はツアーコンダクターと呼ばれることもあります。それに対して、ツアーガイドと呼ばれる人達がいます。両者は、1つのツアーで役割分担されお互いが協力しながらツアーを成功へと導きます。

 

 ツアーガイドの主な仕事は、観光地でお客様を先導しながら見どころを案内することですので、観光地に対する詳しい知識が求められます。いわゆる、観光ガイドブックに書いてあるようなことをスラスラ説明できる人ということになります。そうなるとガイドは専門性が求められますので、1人で1つのツアーを担当することはとても難しいです。そのため、国内でも海外でも1つのツアーに何人かのツアーガイドが登場します。

 

 添乗員もしくはツアーコンダクターの仕事は、ツアーが滞りなく進むことを管理することですので、観光地に対する詳しい知識は求められていません。観光地の案内はツアーガイドに任せます。その代わり、1つのツアーは1人の添乗員が最初から最後まで管理します。

 

  • 添乗員は1つのツアーに1人、ツアーガイドは観光地ごとに1人が原則。

 

バスガイド

 ツアーガイドの中でもバスガイドは少し特殊です。添乗員が1つのツアーに1人なのに対して、バスガイドも1つのツアーに1人が原則です。

 

 特に国内の日帰りツアーではバスガイドが一通りの観光地を1人で案内することが多いです。高速道路を走っている時の案内はバスガイドが最も得意とする分野です。バスで走っている時間は何もすることがありませんので、お客様が暇な思いをしないようにするバスガイドの仕事は、ツアーの中でも大変重要な役割を担っています。

 

 添乗員になって最初にお世話になるのはバスガイドです。それは、新人の添乗員は日帰りバスツアーの仕事が多いからです。まだ慣れない緊張した状態の添乗員は、ベテランのバスガイドに助けられることが多いため、分からないことは積極的に聞いて学ぶ姿勢をみせることが大切です。

 

  • 添乗員が一番最初にお世話になるのがバスガイド。

 

本記事は2015/12/04の情報で、内容は旅行添乗員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する