役員秘書を辞めたい時

職業:役員秘書

524views

imasia_13595881_M_R

 

役員との良好な関係がなくなる時

 役員秘書が仕事にやりがいを感じ、意欲的に仕事ができるのは、自分が一生懸命仕える役員との良好な関係があればこそです。役員秘書をもっとも辞めたい時は、この良好な関係が崩れた時です。辞めたいと思うどころか、きっぱりと辞めてしまう可能性があります。

 

 役員秘書の仕事が他職場の仕事と決定的に違うのは、他職場がチームワークとか、同僚との助け合いがあるのに対して、役員秘書の「職場」は二人の関係しかないということです。つまり、二人の関係がギクシャクすると、同僚がいない分、フォローしてくれる人もなく、救いようがなくなるということです。

 

 しかも、仕事上、何か意見の食い違いがあった場合、負けるのは必ず秘書の方です。ケンカになって秘書が辞めることがあっても、社長や役員が辞めることはありません。このリスクは常に背負っているのが役員秘書であるという自覚が必要です。

 

  • やりがいを感じ、意欲的に仕事ができるのは、一生懸命仕える役員との良好な関係があればこそ。

 

組織から孤立してしまう時

 次に役員秘書が辞めたいと思う時は、秘書が会社の組織から孤立してしまう時です。秘書業務は役員との関係だけでは成立しません。いつも連携を取り合い協力してもらっている関連部署のキーマンはじめ、社員全体の気持ちが離れていくと、社長や役員との関係は良くても、仕事にならず孤立してしまいます。その結果、役員への情報提供ができなかったり、間違った情報が行ったりして、秘書としての信用が失墜してしまいます。

 

 このように状態になるのは、多くは秘書自身の考え方にあります。役員と一緒に仕事をすればするほど、周囲から一目置かれ、役員に接見できる重要ポストになってくるのですが、ここに大きな落とし穴があり、秘書自身があたかも役員であるかのごとく勘違いしてしまうことです。役員との相談のスケジュール調整を依頼してくる幹部などに対して、何の代替案も示さず「お忙しいので無理です!」とすげなく追い返してしまうと、反発は必至です。

 

 このようなことが重なると、誰も相手にしなくなり、社員は秘書を通さず組織を通じて案件や相談事を役員に上げるので、次第に情報過疎となり孤立してしまうというわけです。こういったことは当然、役員の耳にも入りますので本人が辞めたがっている以前に配置転換になります。

 

  • 孤立しないためにも、他社員との良好なコミュニケーション能力が必要。

 

周囲の目が羨望や嫉妬に変わる時

  役員秘書はある意味では、会社の中では花形で、本人の苦労とは全然違うところで羨ましく思われがちです。服装はいつも小綺麗で、役員と対等に会話ができ食事もよく同席しているといった、表面的な部分だけがクローズアップされてしまいます。これらが、羨望になったり、嫉妬になったりした時、やはり秘書には辛いものがあります。重要な社用接待では当然、身だしなみや服装に最大の配慮をし、早く帰りたいのをガマンして接待に同席していてもそんなこと誰にも言えません。

 

 こういった内容の役員秘書の退職リスクは、そもそも役員秘書業務に備わっているリスクです。自動車運転職が一般事務職より、交通事故リスクが高いのと根本は同じです。秘書適性である自身のしたたかさと、他の社員との良好なコミュニケーション能力が必要と言われる理由はここにもあります。

 

  • 周囲の羨望や嫉妬は、役員秘書業務に備わっているリスクでもあるので、したたかさと他社員との良好なコミニュケーションで回避したい。

 

本記事は2015/11/30の情報で、内容は役員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する