役員秘書の派遣と時給

職業:役員秘書

133views

imasia_9871778_M_R

 

即戦力と実践力があれば高い時間給の派遣登録

 役員秘書を希望する応募者を派遣会社が採用し、派遣先の業務リクエストに応じて企業派遣する派遣求人は多くあります。秘書業務の中でも、比較的定型的な仕事が中心で、経験者を中心にした求人です。応募する人からすると、登録時点でうまく能力把握と勤務時間調整をしておいてもらえれば、あとは派遣会社がマッチングの世話をしてくれますので、会社探しの手間は省けます。

 

 時間給は、定型的な秘書業務ですと平均1600〜1700円ぐらいなので、一般事務と比較するとかなり高めの時間給となります。役員のスケジュール管理、取引先など関係各社の接遇、顧客管理、簡単な文書作成、庶務事務が標準的な仕事です。

 

 派遣の場合、応募者の便宜を図り「残業はあまりありません。」というコメントもよくあります。こう書くと、一般事務とそんなに変わらないように見え、しかも時間給が高いとなると魅力的に思えますが、条件で秘書経験者とあるのは即戦力を求めているからで、就職直後よりテキパキと業務をこなしてくれることを期待しています。パソコン操作でもたついていたり、基本的な冠婚葬祭マナーなど知らないなど標準以下のスキルだと契約更新どころか、派遣契約そのものも難しくなります。

 

  • 一般事務と比較するとかなり高めの時間給となるが、即戦力が求められる。

 

時間給の高い分だけ経験スキルとタフネスさ

  時間給の高さは、即戦力・実践力もありますが、ポイントのもうひとつはストレス耐性です。普通の事務なら、仕事の精度や出来栄えに多少の容赦がありますが、派遣の役員秘書ともなると、容赦なしが沢山あります。

 

 また、朝令暮改を普通のこととして捉えられるタフネスさが必要なのは、多少なりとも秘書経験をしてきた人にはわかるという前提です。臨機応変、ケースバイケースという言葉が支配するという世界です。

 

 役員秘書の仕事を、秘書スキルを持ったテクニカルエキスパートと考え、会社を代わることに抵抗を感じず、その上での派遣契約という割り切った関係が受け入れられるならまったく問題ありません。

 

  • 派遣の役員秘書は容赦なしが多々あるため、ストレス耐性やタフネスが必要となる。

 

さらに高いスキルで上を目指す

 このテクニカルエキスパートとしてのスキルが上がると、さらに高い時間給の派遣仕事に就くことができます。時間給2000円ともなると、求めるレベルが上がり、定型的な秘書業務以上の業務遂行を求めていて営業経験、マネジメント経験があると俎上に乗ります。語学力だと基本は英語なので、TOEICは最低でも800以上といった条件が付いてきます。

 

 もし、応募者が正社員など派遣以上の雇用を望んでいるなら、派遣会社を経由せず直接応募した方が、年収額と雇用条件の改善で派遣を上回ることができます。また、一足飛びにそこまでいかなくても、派遣で実績をさらに積み上げることも方法ですし、紹介予定派遣というステップを踏む方法もあります。

 

  • スキルが上がると、さらに高い時間給の派遣仕事に就くことができる。

 

本記事は2015/11/30の情報で、内容は役員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する