役員秘書の履歴書の例文(1)

職業:役員秘書

202views

rirekisyo

 

役員秘書の方が転職時に書いた実際の履歴書をもとに、注意点を解説していきます。

 

短大を卒業後、大手精密機械工業に就職。総務の一般事務、本社受付など10年間担当する。もっとやり甲斐のある仕事をしたくて、役員秘書に転職希望する30歳Aさん(女性)

 平成17年に短大を卒業して、一般事務希望で大手精密機械工業に就職しました。短大時代に、秘書検定の準1級を取得しこんな仕事もいいなあと思っていてその会社に就職したのですが、数年前に個別の秘書はなくなり、総務チームが役員全体の用事をしています。

 

  私の所属は同じ総務チームですが、私の入社後の担当は人事の勤怠管理の仕事でした。その後、庶務チームに変わり本社受付を担当するようになりました。会社の顔にあたり、それなりの接遇や取次ぎ、時にはクレーム顧客対応など変化はあるものの、やり甲斐の点で今ひとつ充実感がなく、短大時代のことを思い出し役員秘書への転職を考えるようになりました。

 

①免許・資格

平成15年8月   普通自動車免許取得
平成16年12月 秘書検定準1級合格
平成17年 1月  TOEIC650点

 

  • 秘書検定は、その名の通り秘書業務を行うにあたっての接遇マナー、冠婚葬祭のしきたり、その他一般常識などについての検定です。本来、こういったおもてなしに関する常識やマナーは、会社、家庭問わず伝承されていき、取り立てて検定するものでもありませんが、現実的には知らない世代が増えていく中で秘書検定で得た知識は重宝されます。ただし、資格や検定合格証はオールマイティではありませんので、過信は禁物です。

 

②特技・趣味・得意科目など

実際の文章

「日本酒蔵元巡り:全国の日本酒の蔵元を回っています。
 ゴルフ :ツキイチゴルファー
 書道 :高校時代から続いています。所属の書道会で2回佳作。」

 

  • 趣味は、履歴書では重要なファクターです。特に、役員秘書では社内外の人たちとの接点が多くあり、仕事の会話だけできればいいというものではありません。雑談上手は、秘書の技能です。雑談のベースには趣味やオフタイムの過ごし方があり、あるものは深く、あるものは幅広く経験していると話題が豊富になり、要人との良好なコミュニケーションが図れます。
  • 役員秘書をするからといって新たに趣味を始めるのはいかがなものですが、この方の、日本酒蔵元巡りや、ゴルフは取引先の接待や話題作りに使えそうです。役員秘書は、ビジネスとプライベートを完全に切り離せない職業です。なぜなら、仕えている役員そのものにプライベートはあまりないからです。それを覚悟の職種選択なので、趣味は上手にPRすることです。

 

③志望動機

実際の文章

「前職の精密機械工業では、総務業務を経験しました。所属は人事チームと庶務チームです。特に庶務チームでは、会社の表看板である受付を経験いたしました。様々なお客様への接遇や役員への取次ぎにおいて、会社の名に恥じないよう気配り、心配りは十分心得てきたつもりです。また、人事チーム時代は、社員個人情報始め守らなければならないルールへの配慮は心して取り組んできたつもりです。この経験を生かし、また私の夢であった秘書という仕事についてみたいと思い、御社を志望いたしました。

 

  • 総務や人事あるいは受付の経験だけで、秘書業務がこなせるとは思いませんが、限られた字数の中でコンパクトに志望動機をまとめられたと思います。でも、せっかく大手の精密機械工業にお勤めになっていたので、実際にやってきた仕事のスケール感がわかればもっと訴えるものがあると思います。

 

④本人希望記入欄

実際の文章

「特になし。」

 

  • 基本的にこの欄は「特になし」でも大丈夫です。

 

<学歴>

平成15年3月 岡山県立 南総社高校 卒業

平成15年4月 私立 大阪手塚山短期大学 人文学部人文学科 入学

平成17年3月 同大学 卒業

 

<職歴>

平成17年4月 村本精機株式会社 入社

       総務部 人事チーム(勤怠係) 配属

平成22年3月 同 総務部 庶務チーム(本社受付)に異動

平成25年4月 同 総務部 庶務チーム 主任に進級

       

以降 現在に至る 

 

本記事は2015/11/30の情報で、内容は役員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する