役員秘書の採用先の分類(企業規模と派遣会社)

職業:役員秘書

181views

imasia_7326245_M_R

 

大企業の秘書部・秘書室・社長室などへの配属

 役員秘書の採用先の分類として、役員秘書の配属部門による分類があります。これにより、役員秘書に求められる業務内容が変わってきます。求人情報には詳しい配属先は明記されていませんが、代表的な配属部門としては、大手企業では「社長室」「秘書部(秘書室)」「経営企画部」などです。中小企業になると、圧倒的に総務部の一員の場合が多く「総務部庶務課 」や「総務部秘書係 」などに配属されます。

 

 大手企業の「社長室」は、外資系を含むグローバル企業や大メーカーに多く、特徴は役員秘書が複数名いて社長室室長と複数のサブ秘書で、社長フォローに穴があかないように休みのローテーションを回しています。これが「秘書部」となると、かなり所帯が大きくなりますので、役員の担当と業務の専門性をマトリックスにして、多数の役員をフォローします。役員秘書を「経営企画部」に置く場合は企画色、政策色が強くなり役員業務の中身まで関われる秘書となります。

 

  • 配属部門により、役員秘書に求められる業務内容が変わってくる。

 

中小企業の総務部員としての秘書、もしくは社長直属秘書

 中小企業で役員秘書を付ける企業は稀です。総務部の一員として、役員業務のほとんどの側面で関わることが求められます。

 

 お中元の手配、冠婚葬祭への代理出席、接待での同席といった間接的補佐から、営業数字の報告また営業概況の報告、会議の運営、人事査定への参考意見など多岐にわたります。これらは、総務部の一員であるからこその業務となります。求人職種が秘書であったとしても、世間一般の役員秘書イメージは一旦忘れて、多忙を極める社長や役員を何かにつけフォローする仕事と思えばわかりやすいです。

 

 中小企業にありがちな名刺の肩書としては、「社長室室長」となる場合がありますが「室」といっても、大企業のように数名のスタッフがいるかというと、まったくそういうことはなく、自分一人だけの専門職名称として使います。

 

  • 総務部の一員として、役員業務のほとんどの側面で関わることが求められる。

 

キャリアステップが踏める派遣会社社員の求人

 役員秘書の採用先で比較的多いのが、派遣社員の求人です。役員秘書を目指す人は派遣社員の先々の不安から、やはり正社員雇用を希望しますが、経験度を問われるのでハードルはどうしても高くなります。そんな時は、一旦、経験を積むために敢えて、派遣社員を選択する方法があります。仕事内容は派遣業務に適した定型的な秘書業務になりますが、いわば自分の秘書業務のキャリアステップのためです。

 

 さらに言えば、人材紹介派遣という方法があります。これは、最初は派遣会社からの派遣でスタートしますが、派遣先との約束で一定期間の派遣後、正社員採用もあるという取り決めをしておきます。これは本人の頑張り次第で社員になれるので、目標ができ派遣期間中の大きな励みとなります。

 

  • 経験を積むために敢えて、派遣社員を選択する方法もある。

 

本記事は2015/11/30の情報で、内容は役員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する