客室乗務員(CA)になるための準備

職業:客室乗務員(CA)

296views

imasia_7252598_M_R

 

外資系航空会社の客室乗務員になるための準備

 英語力をつけなくてはいけません。TOEICの高得点というレベルではなく、英語で考え英語で論争できるレベルが好ましいです。大学卒業まで日本国内で過ごしたとしても遅くはありません。TOEFLを受けてアメリカの大学に入り直すという方法もあります。大学入学時の偏差値が一生ついてまわる日本と違い、海外では何歳からでも学位を取ればそれなりのキャリアが待っています。

 

 同時にやっておくべきことは、体力をつけることです。たとえ外資系航空会社の客室乗務員になれなくても、外資系クルーズシップの客室乗務員になれる可能性もあります。体力があることは無駄にはなりません。多くのエアラインで、肌が露出する足、腕、デコルテより上の部分はタトゥーが禁止されています。ピアス禁止のところもあります。歯並びが気になる場合は歯科矯正をして臨む人もいます。

 

  • ディベート可能なレベルの英語力を習得し、体力をつけてタフな体をつくっておく。

 

日系航空会社の客室乗務員になるための準備

 日系企業の客室乗務員になる場合は、独学で一般教養試験と英語試験に備えるか、専門学校や塾に通って学ぶ方法があります。独学で受かることもありますが、大学在学中でもダブルスクールとして夜間のスクールに通うことで気分が受験モードになります。

 

 体力測定に向けて筋力トレーニングもしておきましょう。自分が魅力的に見える化粧、服装、髪型を研究し、キャリアカウンセラーなどを使って面接訓練を複数回受けておくと良いです。ウォーキング教室やマナー研修などに参加して立ち振る舞いを学んでおくのも大事です。

 

 客室乗務員の受験専用のポートレート写真を撮影してくれる写真館がありますので、バストアップの写真を撮影しておきましょう。エントリーシートの書き方も独特ですので、キャリアカウンセラーに添削してもらうと良いです。視力回復のためにレーシック手術を受ける人もいますが、まずはコンタクトレンズで1.0まで矯正できれば問題ありません。新卒以外でも応募できますから、何度でもチャレンジすることです。

 

  • 専門学校や塾の受験対策は有効。キャリアカウンセラーの模擬面接やエントリーシートの添削なども活用する。

 

LCCの客室乗務員になるための準備

 採用情報をチェックし、面接のテーマに合わせて準備をします。体力を維持できるようトレーニングをしておきましょう。条件に一般教養や英語などが記載されている場合は、それに向けた勉強をしておきます。

 

  • 面接のテーマを調べておき、それに合わせた準備をする。体力づくりはもちろん大事。

 

本記事は2015/11/20の情報で、内容は客室乗務員(CA)としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する