巫女の1日の仕事の流れ

職業:巫女

320views

imasia_13467032_M_R

 

平日の平穏な一日

 出勤し装束に着替えたら、まず朝拝に参列して約20分間を正座で過ごします。最初の頃は朝拝の正座で毎日足がしびれ、立ち上がれなくなる人も多いです。しかし、コツを掴んで慣れてくるとしびれることなく、朝拝後にすっと立ち上がれるようになります。また、朝拝では大祓詞を毎日のように暗唱します。長い詞で最初は大変ですが、いつの間にか暗唱できるようになります。

 

 本殿参拝や末社・摂社参拝が終わると、本殿や授与所の掃除をして授与所を開けます。そしてミーティングを行い、今日一日の流れを確認します。その後、境内の掃除をします。

 

 祈祷の受付が入ったら、担当職員は本殿で奉仕をします。担当でない巫女は、授与所対応や事務作業を行います。お昼の時間も祈祷受付や授与所は開けていますので、昼食は交代で取る形となります。午後はお賽銭を集めて数えたり、社入金を台帳記入する為に授与品を数えたり、初穂料を計算します。閉門時に授与所を片付けて一日が終わります。

 

  • 巫女としての試練は朝拝から始まる。

 

大安や土日祝日

 大安は神前式の挙式があることが多いです。神社によっては挙式用の神殿があり、挙式中も祈祷が可能な場合もありますが、ほとんどの神社はありません。よって挙式中は、祈祷受付をしても祈祷はできません。場合によっては、挙式が祈祷の合間に何度も入ることがあります。本殿を挙式形式から祈祷ができるように、切り替えを何度かする日もありますので、一日の流れを把握しておくことは重要です。

 

 また、土日祝日は祈祷参拝者が多く、祈祷受付や祈祷案内の対応が多くなります。もちろん参拝者が多いので、授与品を受ける参拝者も増えます。神社は世間が休みの日に忙しいのです。

 

  • 大安は神前式の挙式があることが多く、土日祝日は祈祷参拝者が多い。神社は世間が休みの日に多忙となる。

 

本記事は2015/11/24の情報で、内容は巫女としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する