正月勤務の巫女の求人

職業:巫女

54views

imasia_1796203_M_R

 

正月勤務の巫女の募集時期や人数

 正月勤務の巫女の求人は、助勤(短期アルバイト)での雇用形態となり、大きな神社では例年10月から11月ごろに募集をかけるところが多いです。小さな神社では知り合いの娘さんに依頼をかけるなど、公募していない場合があります。募集人数は、公募するような大きな神社ですと、採用人数は約50~150人ほどになります。

 

正月勤務の巫女の採用傾向

 審査は、履歴書あるいは神社指定の履歴書となり、面接がある場合もあります。ここで重要なのは勤務日数が多く入れるか、助勤(短期アルバイト)応募の理由などです。同じ人が沢山の日数入れると、仕事も覚えますし採用人数を少なくできます。そして、履歴書の写真も重要となり、清楚な雰囲気と黒髪であることが大切です。また、奉仕経験がある人は採用されるケースが多いです。

 

  • 沢山の日数で勤務できることや志望理由が重要となる。

 

正月勤務の巫女の奉仕内容

 巫女の求人といっても、お守りの頒布以外の担当になることもあります。おみくじ所で番号と引き換えにおみくじを渡す、祈祷の受付、本殿参拝者への誘導案内、御神酒所でお神酒を振舞うなど、正月の神社の至る所にいる巫女はほとんどアルバイトの巫女です。ほとんどが担当の希望は出せず、割り当てられることが多いです。

 

 勤務期間は1月のみや2月も可能の神社など様々です。大抵のアルバイト巫女は学生であるため、学校が始まってからは土日や祝日に勤務します。

 

  • お守りの頒布以外の担当になることも。

 

元旦の勤務時間と寒さ対策

 元旦は基本的に夜通しの勤務となります。短時間の休憩のみで、朝までの勤務や交代で仮眠を取り、元旦の夕方ごろまで勤務の場合があります。勤務場所は仮設テントなどが多く寒いのですが、足元にストーブがあるため暖かく、忙しくないときは睡魔が襲ってきます。

 

 寒さ対策としては、ヒートテックや使い捨てカイロを何枚も使用します。使い捨てカイロは肩甲骨の間や腰、お尻に貼ると全身が暖かくなります。深夜は特に乾燥も強いので、ハンドクリームやリップクリームは携帯しておくと良いです。

 

  • 元旦は基本的に夜通しの勤務となる為、予め寒さ対策をしておきたい。

 

本記事は2015/11/20の情報で、内容は巫女としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

比較 転職エージェント 派遣会社ランキング
ページ上部へ移動する